全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「野球に学ぶ!」王さんの色紙届く

 高校野球平田杯の主催関係者が王貞治さん(80)=福岡ソフトバンクホークス会長=から高校球児を励ます色紙を書いてもらい、26日鶴岡東高を訪れ、齋藤哲校長、鈴木喬主将(3年)に贈呈した。「野球に学ぶ!」という言葉が額装されたもので「世界の王さんからの言葉。校内で相談して、しかるべき場所に飾りたい」と齋藤校長は感謝した。

 庄内地方の高校野球シーズン到来・球春を告げる平田杯は毎年4月開幕されるが、今年はコロナ禍のため、94回大会を中止せざるを得なかった。太平洋戦争中の3回を除いて続けられてきた歴史と伝統を誇る大会だけに「何か球児を励ます方法はないか?」と同杯の創始者・平田吉郎氏の孫・宏さん(83)=東京在住=らが王さんへの依頼を発案、打診したところ、快諾された。「野球は多くのことを教えてくれる。やめた後でも長い人生に必ず役に立つと話しておられた。その精神が表れた言葉ですね」と宏さん。春季大会に出場予定だった庄内地区11校に全て贈られることになった。

 王さんにとって、古巣・巨人軍が戦前、吉郎氏に招かれ沢村栄治、スタルヒン両投手、水原茂選手らが鶴岡でプレーしたことや鶴岡東卒業生・吉住晴斗投手(20)はソフトバンクの17年ドラフト1位指名、また長谷川勇也外野手(35)=酒田南高出=の存在もあって“庄内球児”への親しみがあったようだ。贈呈式に出席した鈴木主将は「王さんからの言葉を胸に刻みたい。甲子園では“本当に忘れられない景色を体験できた”と部員同士、今も話し合っています」と、日本航空石川に5―3で勝った16日の交流試合を振り返っていた。

世界の王さんから庄内球児へ色紙が贈られた。右から平田宏さん、齋藤校長、鈴木喬主将

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク