全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

響かせた!!鶴北サウンド 鶴岡北高音楽部 3年生最後の定演 心一つに

 全国の合唱コンクールに入賞する常連校で知られる鶴岡北高校(佐賀井仁校長)の音楽部(部員24人)は23日、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡で定期演奏会を開いた。学校が市と調整を重ねた新型コロナウイルス感染症対策を行いながら、部員は会場いっぱいに“鶴北サウンド”を響かせた。

 今年は新型ウイルスの影響でコンクール開催が軒並み中止の中、同部が2016年に高校全国1位に輝いたNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)も中止を決めた。3年生にとって最後の舞台となった今回は、今年のNコン課題曲「彼方のノック」や昨年の第2回東京国際合唱コンクール同声合唱部門で金賞2位を受賞した「山のあなた」など10曲に及ぶ合唱と、ダンスを交えたミュージカル「リメンバー・ミー」を披露した。

 「最後の舞台はマスクなしの姿で歌わせたい。自身にとって、もう一つのチャレンジでした」―市では合唱公演の出演者には原則マスクの着用を義務付けているが、顔の表情が見えないなどの支障が出るとして同部の百瀬敦子顧問(61)が市に掛け合い、部員同士が3メートル以上の間隔を空ける条件付きでマスクなしの合唱が実現した。ミュージカルでは演技などで部員間の距離が近くなることからマウスシールドを着用。来場者には最近2週間の健康状態のチェックやマスク着用を呼び掛け、客席は一つずつ間隔が空けられた。

 開演前、ステージ裏には部員が集まり、同部卒業生などから届いた応援のメッセージを読み上げて気持ちを一つにした。会場からは一曲ごとに大きな拍手が送られ、ミュージカル終盤では涙ぐむ3年生の姿も。伸びやかな歌声と生き生きした表情が会場を沸かせた。

 部長の高橋理夢さん(3年生)は「一言で楽しかった。大会中止が続いたときは部員全員が落ち込んだが、すぐに切り替えて定期演奏会の準備を続けてきた。後輩には自分たちの音楽をつくり上げていってほしい」と後輩へバトンを渡し、舞台を降りた。

間隔を空けて合唱を披露した鶴岡北高音楽部

マウスシールド越しに笑顔いっぱいで会場に歌やダンスを届けた3年生部員

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク