全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

涼しさずらり 広尾漁協の製氷工場

保管倉庫にでき上がった氷の青い壁

 1万本を超える氷塊でできた氷の青い壁-。広尾漁協の製氷工場では、魚の鮮度を保つための氷が日々作られている。1本当たりの重さ約135キロと大きな氷の塊は工場内に積み重ねられ、じめじめとした暑さを忘れるかのような涼しげな光景が広がる。

 工場では型に地下水を流し込み、不要な空気を押し出しながら2日間かけて完成させる。氷は機械で砕かれ、漁船などに運ばれる。

 氷は縦約100センチ、横約53センチ、厚さ約25センチの角形。1日300本以上作ることができ、イワシ漁が一段落した現在は9月の秋サケ漁へ向け製造にいそしむ。

 工場内には現在、約1万4000本の氷柱が出番を待つ。積み重なった氷は青みがかるが、他工場と比べてもより青色が強く、使用する地下水のきれいさが影響しているという。

 帯広氷まつりをはじめとしたイベントにも使われているが、今年は夏場のイベントはほぼ中止に。同漁協製氷部の菊池基功部長と須藤孝育課長は「イベントなどで氷が欲しい方はいつでも声を掛けて」と話している。問い合わせは事務所(01558・2・2463)へ。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク