全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

涼しさずらり 広尾漁協の製氷工場

保管倉庫にでき上がった氷の青い壁

 1万本を超える氷塊でできた氷の青い壁-。広尾漁協の製氷工場では、魚の鮮度を保つための氷が日々作られている。1本当たりの重さ約135キロと大きな氷の塊は工場内に積み重ねられ、じめじめとした暑さを忘れるかのような涼しげな光景が広がる。

 工場では型に地下水を流し込み、不要な空気を押し出しながら2日間かけて完成させる。氷は機械で砕かれ、漁船などに運ばれる。

 氷は縦約100センチ、横約53センチ、厚さ約25センチの角形。1日300本以上作ることができ、イワシ漁が一段落した現在は9月の秋サケ漁へ向け製造にいそしむ。

 工場内には現在、約1万4000本の氷柱が出番を待つ。積み重なった氷は青みがかるが、他工場と比べてもより青色が強く、使用する地下水のきれいさが影響しているという。

 帯広氷まつりをはじめとしたイベントにも使われているが、今年は夏場のイベントはほぼ中止に。同漁協製氷部の菊池基功部長と須藤孝育課長は「イベントなどで氷が欲しい方はいつでも声を掛けて」と話している。問い合わせは事務所(01558・2・2463)へ。

関連記事

荘内日報社

「芸術の秋」を堪能 サカタアートマルシェ イベント多彩に

 音楽や美術、伝統芸能などさまざまなジャンルの芸術文化に触れ合う「サカタアートマルシェ2020祈りと希望」の一環で21、22の両日、会場となっている酒田市飯森山三丁目の市美術館、出羽遊心館で多くの芸術文化...

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク