全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

振興局の未来チャレンジ賞 士幌高校を表彰

表彰を受けた士幌高の関係者ら(前列)

 十勝総合振興局は3日、地域に根差した活動を展開し、課題解決に挑戦する個人・団体を表彰する「とかち未来チャレンジ賞」として、士幌高校(赤穂悦生校長、生徒162人)を表彰した。

 同校は地場産品を活用した製品開発に取り組んでいる。道内高校で唯一、「北海道HACCP認証」を取得。これまでも有機JASやグローバルGAPなどの認証取得やカシワ林の保全活動など、農業生産や地域活動の活躍が顕著として表彰に至った。

 表彰式は十勝合同庁舎で行われ、赤穂校長ら学校関係者のほかフードシステム科3年の女子生徒2人が出席。十勝総合振興局の水戸部裕局長から賞状を受けとった。

 生徒の1人は「これまで先輩たちが衛生管理などを行ってくれた結果。これからも地域に根付いた商品を開発していきたい」と話していた。

関連記事

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

荘内日報社

修学旅行先に 庄内・鶴岡アピール

 新型コロナウイルス感染症の影響で、東京などへ予定していた修学旅行を地方へ変更する動きが出ている。鶴岡市へも県内の内陸地方や東北各県から初めて修学旅行に訪れるケースが多く見られ、関係者は「多様な観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク