全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

有帆竹灯会が公民館で32個の竹灯籠を点灯

幻想的な光を放つ竹灯籠(有帆公民館で)

 地域おこし団体の有帆竹灯会(坂野啓治会長)は、有帆公民館で32個の竹灯籠を点灯している。有帆小4年生の人数分で、灯籠には子どもたちが描いた絵を貼り付け、幻想的な明かりとともに地域の活動拠点を彩っている。8月3日まで。    同会は里山の保全や整備、青少年の健全育成活動の一環として、竹灯籠を作ってともす活動を続けている。今夏は新型コロナウイルスの影響で有帆ホタルまつり、盆踊りなど竹灯籠を活用するイベントがすべて中止となったため、同公民館での点灯を決めた。    竹灯籠の高さは約35㌢。内部にLED(発光ダイオード)電球を取り付け、アニメのキャラクターなどそれぞれが好きなものを描いた子どもたちの絵も浮かび上がるよう、絵を貼り付ける部分の竹をくり抜いている。    「子どもたちの絵と合わせて竹灯籠ならではの明かりを楽しんで」と坂野会長。点灯が終わったら、LED電球に代えてろうそくを取り付け、子どもたちにプレゼントするという。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク