全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

甲子園高校野球交流試合 鶴岡東VS日本航空石川

 2020年甲子園高校野球交流試合(8月10~17日)のオンラインによる組み合わせ抽選が8日行われ、鶴岡東は16日(大会第5日)の第3試合で日本航空石川と対戦することが決まった。勝っても負けても1試合だけの甲子園経験になるが、チームは気持ちを一心させ、大会に向かうことを誓った。

 鶴岡市高坂の練習グラウンド。バックネット裏の同部室内施設でパソコンを見ながらZoom(ウェブ会議システム)の抽選会に臨んだ鈴木喬主将は相手が決まってホッとした面持ち。「甲子園で試合できることに感謝したい。自分たちがしてきたことを出し切り、精いっぱいのプレーをしたい」と力強く話した。

 相手校に関しては「投打のバランスが取れたチームという感じ。石川は強い地域という印象があるので全力で臨みたい」と気持ちを引き締めた。

 41年ぶり2回目のセンバツ出場を決めながら、新型コロナウイルスの感染拡大のためセンバツは中止に。気持ちを切り替えた夏の甲子園も中止になった。張り詰めたものが何度も切れかけたが、35人の3年生部員は昨秋から離脱もなく、エース右腕・太田陽都(3年)らも順調な歩みを見せている。先月の週末は県外の強豪校との練習試合を重ね、強化に努めた。

 佐藤俊監督(48)は1試合限りの甲子園の試合に「確かにトーナメント戦と違って気持ちの持っていき方は難しいが、準備をしっかりして臨ませたい。甲子園で試合ができる喜びを持ち、はつらつと全力プレーができるようチームをつくっていきたい」と話した。

 夏の甲子園の代替大会(県高校野球大会2020)も日曜日(12日)に初戦(対鶴岡中央)を迎える。これを突破すれば、県大会さらに優勝校だけが出場できる東北大会が待っている。昨秋の県王者が、いよいよ復活舞台を迎える。

センバツ代替大会の対戦相手が日本航空石川に決まり、気持ちも新たな鈴木喬主将

※左が一塁側 予備日:13、14、18、19日

関連記事

宇部日報社

野外彫刻「ロンド」がサンタクロースの衣装に 宇部

 師走に入って、クリスマスの足音が近づく中、ANAクラウンプラザホテル宇部前の野外彫刻「ロンド」が4日、サンタクロースの衣装をまとった。     冬の風物詩の一つとして、宇部文化服装学院が20年...

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク