全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

甲子園高校野球交流試合 鶴岡東VS日本航空石川

 2020年甲子園高校野球交流試合(8月10~17日)のオンラインによる組み合わせ抽選が8日行われ、鶴岡東は16日(大会第5日)の第3試合で日本航空石川と対戦することが決まった。勝っても負けても1試合だけの甲子園経験になるが、チームは気持ちを一心させ、大会に向かうことを誓った。

 鶴岡市高坂の練習グラウンド。バックネット裏の同部室内施設でパソコンを見ながらZoom(ウェブ会議システム)の抽選会に臨んだ鈴木喬主将は相手が決まってホッとした面持ち。「甲子園で試合できることに感謝したい。自分たちがしてきたことを出し切り、精いっぱいのプレーをしたい」と力強く話した。

 相手校に関しては「投打のバランスが取れたチームという感じ。石川は強い地域という印象があるので全力で臨みたい」と気持ちを引き締めた。

 41年ぶり2回目のセンバツ出場を決めながら、新型コロナウイルスの感染拡大のためセンバツは中止に。気持ちを切り替えた夏の甲子園も中止になった。張り詰めたものが何度も切れかけたが、35人の3年生部員は昨秋から離脱もなく、エース右腕・太田陽都(3年)らも順調な歩みを見せている。先月の週末は県外の強豪校との練習試合を重ね、強化に努めた。

 佐藤俊監督(48)は1試合限りの甲子園の試合に「確かにトーナメント戦と違って気持ちの持っていき方は難しいが、準備をしっかりして臨ませたい。甲子園で試合ができる喜びを持ち、はつらつと全力プレーができるようチームをつくっていきたい」と話した。

 夏の甲子園の代替大会(県高校野球大会2020)も日曜日(12日)に初戦(対鶴岡中央)を迎える。これを突破すれば、県大会さらに優勝校だけが出場できる東北大会が待っている。昨秋の県王者が、いよいよ復活舞台を迎える。

センバツ代替大会の対戦相手が日本航空石川に決まり、気持ちも新たな鈴木喬主将

※左が一塁側 予備日:13、14、18、19日

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク