全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

護摩壇山で積算600ミリ超 土砂災害に警戒

大雨が降り、濁った水が勢いよく流れる日高川(8日午前10時20分ごろ、田辺市龍神村宮代で)

 梅雨前線が活発化した影響で、和歌山県内でも4日から8日にかけてまとまった雨が降り続いている。護摩壇山(田辺市龍神村)では5日の降り始めから8日午前10時までの積算雨量が604ミリに達した。和歌山地方気象台は、土砂災害に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、5日午後3時から8日午前10時までの紀南地方の積算雨量は、護摩壇山に次いで、龍神(田辺市)529・5ミリ▽本宮(同)381ミリ▽色川(那智勝浦町)303ミリ▽栗栖川(田辺市)287ミリ▽西川(古座川町)251・5ミリ―だった。
 8日の時間雨量では護摩壇山43ミリ、龍神28ミリ、潮岬(串本町)25・5ミリが多かった。
 雨は8日午後に小康状態となるが、9日午前は、所によっては激しい雨が降る可能性があるという。
 紀南の河川では、新宮市熊野川町の日足水位観測所で8日午前10時ごろ、熊野川が避難判断水位に達した。県東牟婁振興局によると、同日午前11時半現在、氾濫危険水位には達していないが、今後の雨に注意が必要という。
 田辺市内では、各地で崩土による通行止めが続いている。
 県道では8日正午現在、上秋津の田辺龍神線、伏菟野の温川田辺線、和田の近露平瀬線が通行止めになった。各地で市道の通行止めも相次いだ。
 このほか、みなべ町熊瀬川の県道滝切目停車場線は4日から通行止め。同町熊瀬川の県道田辺印南線は6日から崩土が相次ぎ、7日に一時解除されたが、8日から再び通行止めとなった。
 龍神村殿原の県道龍神十津川線は7日から、龍神村東の国道371号は8日午前6時半から全面通行止めとなったが、同日正午前までに解除された。
 鉄道にも影響し、JR西日本は8日、新大阪―白浜間など特急列車の一部で運転を取りやめた。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク