全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや、おびひろ動物園に設置するFC向けに水素を配達する。

新たに導入した簡易型水素充填車(中央奥)と、FCフォークリフト(手前右)、水素自動車(同左)。奥が水素ステーション

 事業は環境省の委託で、産業ガス大手エア・ウォーター(大阪)、鹿島建設(東京)など4社が2015年度から取り組んでいる。同センターのバイオガスプラントで発生する、家畜ふん尿由来のバイオガスから水素を精製。センター内のチョウザメ飼育施設やフォークリフト、水素自動車などの燃料として利用している。また、施設外の酪農家や、帯広競馬場内のとかちむらに設置したFCにも水素を供給した。

 寒冷地でも安定供給できることは確認できたが、普及に向けては、より効率的な運搬方法や安全な貯蔵方法が課題。そこで、今年度からの2カ年で、新たな運搬・貯蔵方法について検証する。

 簡易型水素充填車は、センター内の水素ステーションで充填した水素を、需要先のFCや貯蔵施設に直接供給できる。複数のボンベを束ねた「カードル」よりも効率的に運搬・充填できるメリットがある。9月以降、JA鹿追町とJA帯広かわにしにFCフォークリフトを配備し、充填車による供給を始める。

 一方、貯蔵方法の実証では、水素を吸着する性質を持つ金属でできた「水素吸蔵合金タンク」とFCを、おびひろ動物園に設置する。同タンクは高圧のボンベと異なり常圧で、仮に損傷しても燃えないという。保安上の制約をクリアしやすいため、住宅地などでも導入できるのがメリットとなる。

 同園に設置するFCは、100~200頭規模の酪農家での使用を想定し、出力30キロワットの物を導入する。同園の1日平均電力量を賄える程度で、多くの公共施設の非常用電源としても十分な容量という。今月末から設置作業を進め、11月から運転開始予定。

 3日に両社の関係者が同センターで事業概要を説明。「簡易型水素充填車と水素吸蔵合金により、水素ステーションから離れた場所や、保安規制上のハードルが高かった場所での使用拡大につなげたい」としている。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク