全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学院生の指導でオンラインでつながり、コミュニケーションを楽しんだ。

 同研究所が地域連携プロジェクトの一環で初めて企画。同研究所の「からだ館」が主宰するがん患者サロン「にこにこ倶楽部」の60―70代の会員7人が参加し、社会人大学院生5人の指導でオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」の接続を学んだ。

 参加者はパスワードを入れるなどパソコンを操作し、画面に自分の顔が現れると、「あれまっ」と顔を赤らめる人も。7人全員がつながると、「先日はどうも」など会話を楽しんでいた。

 同市木野俣の無職、伊藤富博さん(70)は「意外に簡単だった。これまでもからだ館で同じ境遇の人と出会ったり、最新の情報を得て最新の治療を受けたりと、つながる大切さを感じていた。こうして簡単にネットでもつながると分かり、心強い。今後もいろいろ使ってみたい」と話した。

 同研究所地域連携担当の坂井明子さんは「新型コロナウイルスで思うように外出や対面ができない今、高齢者こそこうしたノウハウを習得すべき。在宅診療など応用も広がる。勉強会は地域や医療機関で開くことも検討したい」と話している。

ズームでコミュニケーションを楽しむ参加者たち

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク