全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

白浜の未来を語るオンライン会議で進行役を務める事務局スタッフ(2日、白浜町堅田で)

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的。わくわくするようなまちにしようと、さまざまな発想が飛び交い、モニター越しに熱気があふれた。

 より良い白浜をつくる人材の育成、活動の支援を目的に、町内の有志で設立した「南紀白浜みらい創造委員会」(仮称)が企画した。会議の参加者は10~70代と幅広く、半数近くが町外で、東京など県外在住者も多かった。
 会議では「私が考える10年後の白浜」をテーマに、4~5人のグループに分かれて議論。「温泉やアドベンチャーワールドを生かし、夏だけでなく通年楽しめる観光地になれば、定住者も増える」「コロナ後は多拠点居住者が増える。白浜はその拠点に最適」「IT企業が多く進出しており、シリコンバレーのように新たなビジネスを生み出す場所にしたい」などの意見が出た。
 また事務局からは、白浜を盛り上げるクラウドファンディングの立ち上げについて提案があり、会議のチャット上ではすぐに多くの賛同意見が集まった。
 アドベンチャーワールドを運営するアワーズの社長で、会議のまとめ役を務めた山本雅史さんは「初めての試みだが、思った以上に活発な意見が出た。集まったのは白浜への熱い思いを持った仲間。誰もが未来づくりの実践者にも支援者にもなれる。共感したプロジェクトに協力し、一緒にわくわくする未来をつくろう」と呼び掛けた。
 今後、月1回ペースで開催し、具体的な行動につなげていきたいという。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク