全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

小玉スイカ出荷ピーク

集荷場に並ぶ箱詰めの小玉スイカ(印南町で)

 JA紀州管内の和歌山県印南町で特産の小玉スイカが出荷のピークを迎えた。甘くて果皮が薄く、冷蔵庫に入りやすいサイズということもあり、近年人気となっている。

 同JAによると、スイカの栽培農家は同町で100軒、御坊市で80軒ほどある。栽培しているのは小玉スイカ「ひとりじめ」系の品種。糖度が高く、大玉と変わらないシャリシャリとした食感が特徴。  出荷は5月の連休ごろに始まった。荷受けは計8カ所でしており、同町内では6カ所の集荷場でしている。このうち、畑野集荷場には27日も、農家から荷受けした箱詰めのスイカが並んだ。
 スイカは2Sから4Lまでの7階級の大きさや等級に分けられ、関西や関東、中京の市場に出荷したり、地元直売所で販売したりしている。
 同JAは小玉スイカの栽培を推進していて、年々生産は増えており、今季は約15トンの出荷を目標にしている。出荷は7月中旬ごろまで続く見込みという。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク