全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

小玉スイカ出荷ピーク

集荷場に並ぶ箱詰めの小玉スイカ(印南町で)

 JA紀州管内の和歌山県印南町で特産の小玉スイカが出荷のピークを迎えた。甘くて果皮が薄く、冷蔵庫に入りやすいサイズということもあり、近年人気となっている。

 同JAによると、スイカの栽培農家は同町で100軒、御坊市で80軒ほどある。栽培しているのは小玉スイカ「ひとりじめ」系の品種。糖度が高く、大玉と変わらないシャリシャリとした食感が特徴。  出荷は5月の連休ごろに始まった。荷受けは計8カ所でしており、同町内では6カ所の集荷場でしている。このうち、畑野集荷場には27日も、農家から荷受けした箱詰めのスイカが並んだ。
 スイカは2Sから4Lまでの7階級の大きさや等級に分けられ、関西や関東、中京の市場に出荷したり、地元直売所で販売したりしている。
 同JAは小玉スイカの栽培を推進していて、年々生産は増えており、今季は約15トンの出荷を目標にしている。出荷は7月中旬ごろまで続く見込みという。

関連記事

アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく、人々癒やす  奄美市名瀬朝戸

 鹿児島県奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。  アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根...

長野日報社

オオムラサキ羽ばたく 茅野市の小泉山で20匹放蝶

 茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育て...

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。  このうち、かわみつ農園(川満哲生...

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク