全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジューンブライドに挙式ゼロ

屋外結婚式で活用を計画しているチャペル(みなべ町山内で)

 新型コロナウイルスの影響は、結婚式にも及んでいる。紀南でもジューンブライドの6月に、挙式がゼロの式場もある。感染が沈静化する中、各式場は感染予防対策を打ち出しながら、再開に動きだしている。

 結婚式場は県の休業要請対象ではなかったが、多くのカップルが挙式を延期した。ある式場の担当者は「新型コロナがいつ落ち着くか分からない中、延期日が決まらない」とため息をつく。
 各式場は披露宴会場のテーブルを2メートル間隔で設置して出席者間の距離を取ったり、料理の提供数を減らして式の時間を短縮したりするなど、感染予防策を打ち出している。「出席者数が半減することになり、営業的には厳しいが、いまは安全第一」という。
 和歌山県みなべ町山内のホテル&リゾーツ和歌山みなべでは、5~6月の挙式予定が全て延期または中止となった。ウエディング相談会を再開するなど、動きだしているが、大勢を集めてイベントを開くのは難しい。そこで、インスタグラム(写真共有アプリ)を活用して、模擬挙式の動画を配信し、挙式のイメージを伝える工夫をしたいという。「密」を避けるため、チャペルと周囲の芝生を生かした「ガーデンウエディング」も検討する。
 同ホテルは「感染対策に配慮しながら新たな価値を生み、時間が短くても魅力を濃縮した結婚式を届けたい」と話している。
 田辺市東陽の貸衣装会社「紫光」も挙式延期の影響を受けている。ただ、6月に入り、15人規模の結婚式があり、貸衣装の依頼も入ってきた。海外での挙式を断念し、フォトウエディングのみに変更したカップルの需要もあるという。
 「最初に影響が出たのは卒業式。中止になったので、式の代わりにはかまでの記念撮影を提案したところ、好評だった。いつもは夏から始める成人式の前撮りも5月から始めた。コロナ禍の中で、新たなサービスの形を考える必要がある」と話している。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク