全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジューンブライドに挙式ゼロ

屋外結婚式で活用を計画しているチャペル(みなべ町山内で)

 新型コロナウイルスの影響は、結婚式にも及んでいる。紀南でもジューンブライドの6月に、挙式がゼロの式場もある。感染が沈静化する中、各式場は感染予防対策を打ち出しながら、再開に動きだしている。

 結婚式場は県の休業要請対象ではなかったが、多くのカップルが挙式を延期した。ある式場の担当者は「新型コロナがいつ落ち着くか分からない中、延期日が決まらない」とため息をつく。
 各式場は披露宴会場のテーブルを2メートル間隔で設置して出席者間の距離を取ったり、料理の提供数を減らして式の時間を短縮したりするなど、感染予防策を打ち出している。「出席者数が半減することになり、営業的には厳しいが、いまは安全第一」という。
 和歌山県みなべ町山内のホテル&リゾーツ和歌山みなべでは、5~6月の挙式予定が全て延期または中止となった。ウエディング相談会を再開するなど、動きだしているが、大勢を集めてイベントを開くのは難しい。そこで、インスタグラム(写真共有アプリ)を活用して、模擬挙式の動画を配信し、挙式のイメージを伝える工夫をしたいという。「密」を避けるため、チャペルと周囲の芝生を生かした「ガーデンウエディング」も検討する。
 同ホテルは「感染対策に配慮しながら新たな価値を生み、時間が短くても魅力を濃縮した結婚式を届けたい」と話している。
 田辺市東陽の貸衣装会社「紫光」も挙式延期の影響を受けている。ただ、6月に入り、15人規模の結婚式があり、貸衣装の依頼も入ってきた。海外での挙式を断念し、フォトウエディングのみに変更したカップルの需要もあるという。
 「最初に影響が出たのは卒業式。中止になったので、式の代わりにはかまでの記念撮影を提案したところ、好評だった。いつもは夏から始める成人式の前撮りも5月から始めた。コロナ禍の中で、新たなサービスの形を考える必要がある」と話している。

関連記事

アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく、人々癒やす  奄美市名瀬朝戸

 鹿児島県奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。  アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根...

長野日報社

オオムラサキ羽ばたく 茅野市の小泉山で20匹放蝶

 茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育て...

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。  このうち、かわみつ農園(川満哲生...

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク