全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

旅行会社が観光地支援の物産展

商品を手に取る男性(15日午前10時すぎ、おのだサンパークで)

 おのだサンパーク2階で営業するJTB総合提携店のジェイトラベル山口(白石紀之社長)は15日、下関市角島・豊北地区の物産展を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って観光業が大打撃を受ける中、互いの助け合い企画。店頭には旅行パンフレットの替わりに水産加工物などが並んでいる。    各国での渡航制限や国内の緊急事態宣言を受け、同社では3月から厳しい経営を強いられ、夏以降の先行予約も不透明な状況。同地区でも宿泊施設や道の駅を訪れる観光客を主なターゲットとする事業者は、多くの在庫商品を抱えている。    物産展は、白石社長とホテル西長門リゾートの総支配人が旧知の仲のため、豊北町観光協会の協力を得て実現。地元の水産加工物を中心に扱う業者、みそやしょうゆの醸造場、菓子の卸売業者など老舗ばかり5事業者が出店している。    初日の店頭に並んでいるのはウニの瓶詰、ワカメの多彩な加工品、ウルメイワシやアゴの干物、チョコ菓子、クッキーなど売れ筋の商品ばかりで、補充しながら常時20種類以上は販売していく。通常よりも割引している商品もある。    白石社長は「互いにメリットがあるウィンウィンではなく、ヘルプヘルプの状態。影響の収束が見込めない中、6月いっぱいは続けたい。現地でしか手に入らない商品ばかりなので、足を運んでほしい」と来店を呼び掛けている。  

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク