全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

2カ月半ぶり授業再開

 庄内地方では11日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い臨時休校になっていた2市3町の小中学校が再開した。このうち酒田市は、同日から各校の事情に応じて段階的な再開となった。いずれも長期にわたる臨時休校から学校生活へ身体や心を慣らしていきながら、各市町や学校ごとに授業時数の確保や給食の開始などを対応していく。

 鶴岡市の朝暘一小(中野洋校長、児童548人)では11日、約2カ月半ぶりで授業を開始。15日までは、午前中の半日授業を実施し、給食後に下校となる。この日は、午前8時ごろまでに道具箱や絵の具道具などの大きな荷物を抱え、マスクを着けた児童が次々と登校。校長をはじめ教師らは児童一人一人にあいさつし、笑顔で学校に迎えた。上級生に手を引かれ、真新しい黄色の帽子をかぶった1年生や「行ってらっしゃい」と校門前まで見送りに来る保護者の姿もあった。校内では中間・昼休みなどに小まめに手洗いを行い、教室の空気の入れ換えを呼び掛けるほか、友達と近づき過ぎないことなど、掲示物を通して児童に感染拡大を避けるための注意喚起を行っていた。

 登校完了後、6年生の教室では換気のために教室の窓や扉を開放し、座席を等間隔に空けて朝学習の時間が始まった。児童は担任教師に健康チェック表を提出して体調を報告。配布された資料集などの新しい教材に目を通し、新学年のスタートを切った。

 6年生の櫻井蓮斗さん(11)は「机を離したり、いつもとは違う授業だったけど、休み中に何をしていたか、友達と話したりできて楽しかった。久しぶりの給食もおいしい」と笑顔で話していた。

マスクを着けて次々と登校する児童=11日午前8時ごろ、朝一小

久しぶりの給食を楽しむ児童=朝一小

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク