全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

燃え盛る炎 疫病払う 羽黒山蜂子神社 火祭護摩祈祷

 鶴岡市の出羽三山神社(宮野直生宮司)は7日、羽黒山頂の羽黒山蜂子(はちこ)神社で、新型コロナウイルス感染症の早期終息を願う千度大祓(せんどおおはらい)と火祭護摩祈祷(ひまつりごまきとう)の神事を行い、神職と羽黒山伏20人が祈りをささげた。

 蜂子神社社殿内で神職が祝詞を唱える千度大祓と、神社前の護摩壇で山伏が火祭護摩祈祷を同時に行うのは、1868(明治元)年以来152年ぶり。山伏は「エイ」という掛け声の後、護摩壇で燃え盛る炎で5000本超の護摩木をたき上げ、事前に申し込んだ県内外5000人以上の氏子の名前や住所を読み上げた。

 出羽三山神社の吉住登志喜禰宜(ねぎ)(60)は「“感謝”を忘れてはいけない。感謝がよりどころになる。昔の人はそうやって疫病を乗り越えてきた。われわれのあしき思いを全て焼き尽くす」と説き、「御開祖様(蜂子皇子(はちこのおうじ))の力をお借りして、新型コロナウイルス感染症により疲弊した人々の心に寄り添う」と話した。

 蜂子皇子は出羽三山の開祖で、当時庄内地方にまん延した疫病を退散させ人々を救い「能除仙(のうじょせん)」などと呼ばれた。羽黒派古修験道の開祖でもある。

蜂子神社前で行われた火祭護摩祈祷

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク