全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

タクシー会社が飲食店と連携し配達業務

ウベイーツのホームページ

 宇部市助田町のタクシー会社、オリエント交通(松本聡社長)は27日午後5時から、市内の4飲食店と提携したフードデリバリーサービス「UbeEats(ウベイーツ)」を立ち上げる。松本社長は「新型コロナウイルスによる外出自粛で、宇部も大きな影響を受けている。少しでも地元の経済が回る事業になれば」と話す。    タクシー、代行サービスなどを行う同社。コロナの影響で売り上げが大きく落ち込む中、宇部青年会議所(JC)に所属する松本誠矢専務は、飲食店を営む仲間からも苦しい状況を聞き、互いがウィンウィンの関係になる仕組みを模索していた。アメリカ発祥のオンラインフードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」を参考に、飲食店に来られない人のためのタクシーによるデリバリーサービスに行き着いた。    事業開始に当たり、国土交通省中国運輸局からタクシーの救援事業の認可を受けた。利用者はホームページ(https://www.ube-eats.com/)から頼みたい料理を選び、ウベイーツに電話(0836-35-6666)で注文。注文を受けた料理を同社が店に発注し、出来上がり時間に合わせてタクシーが店に向かい、受け取った料理を自宅に届ける仕組みだ。    タクシー運転手は地理にたけており、届け先に迷うことが無いのは大きなメリット。利用者には、1品から注文でき、複数の店のメニューを自宅で楽しめるという利点もある。同社は多くのキャッシュレス決済を扱っており、ドライバーとの現金授受の必要性が少ないことも利用者にとってはうれしい。    提携店にとっては、出前事業を運搬スタッフ無しで実施できるのは大きい。同社ではスタートに当たり「鉄板伊酒屋Calcio」「お好み焼きなには」「やまと屋其の弐」「虎の子」の4店舗と提携。今後、増やしていくことを考えている。    同社では、コロナ禍が終わ

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク