全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

アルパカ大人気 富士見の牧場が今季オープン

アルパカとの触れ合いを楽しむ親子

富士見町南原山の観光牧場「八ケ岳アルパカ牧場」が今季の営業を始めた。20日に開場し、3日間で昨季の2倍以上、約940人が来場し、盛況なスタートとなった。

新型コロナウイルスの感染拡大で営業の可否に迷ったものの、外出自粛を余儀なくされ、家にこもりっ放しの子どもの健康を案ずる保護者らの声もあって開場を決意。入園ゲートでの健康チェックや手洗いの徹底など対策を講じた。

場内には最年長の”16歳”から昨年生まれたばかりの幼獣まで22頭のアルパカがおり、人慣れした様子で来場者に餌をねだったり、時には寄り添って眠ったりする姿も。静岡県内から訪れた家族は「新型肺炎の感染リスクが少ないと思い、子どもの気晴らしになれば」と話し、小学4年生の男児は初めて見るアルパカに「柔らかくてすごく温かい」と顔をほころばせていた。

今季はアルパカが疾走を見せるダービーや、気ままに草をはむ姿を見せる放牧タイムを連日催すなど場内イベントを充実。飼育棟の新築で衛生管理も強化した。

開場時間は午前10時~午後4時。毎週火曜日休場(4月末までは木曜日も休場)。入場料は中学生以上600円、小学生、保育園児400円、3歳以下は無料。電話080・5140・2794。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

「道の駅とよはし」全建賞道路部門を受賞

 豊橋市東七根町の道の駅「とよはし」が、全日本建設技術協会による全建賞の道路部門を受賞した。 優れた社会基盤整備事業を表彰するもので、自転車ツーリング用のサイクルピットや、電動アシスト自転...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク