全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

音更「彩凛華」入場者3割減 新型肺炎影響

新型コロナウイルスによる感染症の影響で昨年より入場者数が落ち込んだ「彩凛華」

 音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開かれていた「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が24日、31日間の日程を終えた。期間中(1月25日~2月24日)の入場者数は3万2785人で、前年の4万4868人と比べて1万2083人減(27%減)。インフルエンザや新型コロナウイルスといった感染症による影響が響き、地元客の落ち込みが目立った。

 町内の小中学校でインフルエンザの疾患による学級・学校閉鎖が相次ぎ、加えて2月に入って新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、外出を控える動きが加速。さらに少雪のため、開幕直後はスノーラフティングなど一部プログラムを中止したことも数字が落ち込んだ原因とみられる。

 実行委によると、例年は最終日直前に2000~3000人が押し寄せるが、2月の3連休初日に当たる22日は大雪も重なり、一日の入場者数は666人にとどまった。

 一日の入場者数で最も多かった日は15日の2778人で、最少は1月29日の426人。実行委は「宿泊客は平年並みだったといえ、地元客、特に子どもが少なかった。団体バスもあまり見られなかった」と振り返る。

 一方、地面に投影された雪の結晶などの映像が来場者の動きに合わせて変化する「デジタル遊園地」は、投影箇所を拡張したこともあって人気を集めた。フットパスのコースで利用する小道を彩る「光のalley(アリー)」もインバウンド(訪日外国人旅行者)に好評で、「欧米のお客さんが前回より多く見られた。ただ、地元客も意識してもっと周知を徹底していく必要があることは確か」(実行委)と課題を挙げる。

 今回は感染症や少雪などマイナス要因が重なったが、次回に向けて実行委は「バージョンアップできるところは改善しつつ、より魅力ある内容にしたい」としている。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク