全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

農家が育てた加工品自ら販売会話弾む

 「農家が育てた庄内農林水産加工品フェア」が22、23の両日、鶴岡市・Aコープ藤島店と酒田市・Aコープみどり店の両店で行われた。庄内農産加工研究会(会員18人)に所属する会員が店頭に立って対面販売することで、消費者のニーズを把握、商品の改良につなげるもの。毎年恒例で今回20回目となった。

武田さんは自家製漬物とシフォンケーキなどで品ぞろえした

 藤島店では産直あさひ・グー(朝日)、旬菜畑(鶴岡市民田)と地元からは「もえぎ工房」が出店した。自家製漬物や米のシフォンケーキ、生芋こんにゃくなどを武田三喜子さんが並べた。同工房は2006年1人で立ち上げた。専業農家だが、夫は米、息子は花とそれぞれ“得意”があり、自身は加工品を手掛けることになった。「市場にただ出すだけでは収益が上がらない。加工品は創意工夫の楽しみがある。お客さんと話すことで、需要も分かるし、楽しいですよ」と武田さん。自家製こんにゃくを刺し身にして、高知産ゆずみそに付けて食べる方法を紹介しながら、客との会話が弾んでいた。同研究会の五十嵐正谷会長(70)=旬菜畑=は「農産加工品を作る人は一時期ほど多くはないが、6次産業化の波もあるし重要なこと。安全でおいしい農産加工品をどう作っていくかは自分たちへ課せられた使命です」と言う。小豆ともち米の「いとこ煮」は早々と売り切れていた。また産直グーでは行沢(なめざわ)の「あん入りとちもち」が大人気だった。これらの商品はJA鶴岡ファーマーズマーケットもんとあーるなどで通常販売されている。

 また酒田店では7店出店。モシェロ・ドュ・ゆざ(遊佐町)の孟宗汁、にくもち。同じく遊佐・さけます増殖資源加工センターから鮭の昆布巻き、棒だら煮などが並んだ。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク