全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

反射材普及へ高校生が肩掛けポシェット考案

反射板付きポシェットを製作するユネスコ部員(香川高で)

 山口県宇部市の宇部フロンティア大付属香川高(藤澤正信校長)のユネスコ部員6人が、夜間の交通事故防止のため、反射板付きの肩掛けポシェットを作製する。10日には、使用する反射たすきの贈呈式が同校であり、宇部交通安全協会(道中寿人会長)から100本を受け取った。週に1回の活動で製作にあたる。

 宇部警察署や同協会が反射たすきの普及に取り組んでいることを知った部員らが、顧問の河村雅子先生の助言を得て決めた。「たすきの一部にポシェットを縫い込めば、外出時にハンカチや財布が携行できる。肩から滑り落ちることもなく安定するので着用が増えるのでは」と河村先生。ポシェットは、反射たすき1本半を使用。使いやすさを重視し、取り出し口は大きく仕上げる。表に付ける反射板のデザインは生徒に一任する。

 贈呈式で道中会長は「命のお守りとして活用を促したい」とあいさつ。部員からは、河村先生が作った試作のポシェット3点が贈られた。藤井優美部長は「全員で協力し、心を込めて作りたい。地域の人に活用してもらい、安全に外出してほしい」と笑顔を見せた。ポシェットは今月末に宇部署内の同協会窓口で取り扱うほか、9月の同校の文化祭でも販売する予定。収益金は宇部ユネスコ協会に寄付する。

関連記事

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理...

長野日報社

富士見町と原村でロケ 映画「悪は存在しない」 諏訪シネマズに認定 長野県

長野県の諏訪地方観光連盟は14日、富士見町と原村を主要ロケ地として撮影され、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受けた映画「悪は存在しない」を「諏訪シネマズ」に認定した。出演俳優の小坂竜士さん(38...

紀伊民報社

梅産地を守ろう 梅産地を守ろう 和歌山県田辺市

 ひょうの被害などで影響を受けている地域の梅産業を支えようと、和歌山県田辺市は13日、支援策を発表した。農家への直接的な支援のほか、都市部での梅のPRイベントを企画。真砂充敏市長は「梅は地域の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク