全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

反射材普及へ高校生が肩掛けポシェット考案

反射板付きポシェットを製作するユネスコ部員(香川高で)

 山口県宇部市の宇部フロンティア大付属香川高(藤澤正信校長)のユネスコ部員6人が、夜間の交通事故防止のため、反射板付きの肩掛けポシェットを作製する。10日には、使用する反射たすきの贈呈式が同校であり、宇部交通安全協会(道中寿人会長)から100本を受け取った。週に1回の活動で製作にあたる。

 宇部警察署や同協会が反射たすきの普及に取り組んでいることを知った部員らが、顧問の河村雅子先生の助言を得て決めた。「たすきの一部にポシェットを縫い込めば、外出時にハンカチや財布が携行できる。肩から滑り落ちることもなく安定するので着用が増えるのでは」と河村先生。ポシェットは、反射たすき1本半を使用。使いやすさを重視し、取り出し口は大きく仕上げる。表に付ける反射板のデザインは生徒に一任する。

 贈呈式で道中会長は「命のお守りとして活用を促したい」とあいさつ。部員からは、河村先生が作った試作のポシェット3点が贈られた。藤井優美部長は「全員で協力し、心を込めて作りたい。地域の人に活用してもらい、安全に外出してほしい」と笑顔を見せた。ポシェットは今月末に宇部署内の同協会窓口で取り扱うほか、9月の同校の文化祭でも販売する予定。収益金は宇部ユネスコ協会に寄付する。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク