全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

反射材普及へ高校生が肩掛けポシェット考案

反射板付きポシェットを製作するユネスコ部員(香川高で)

 山口県宇部市の宇部フロンティア大付属香川高(藤澤正信校長)のユネスコ部員6人が、夜間の交通事故防止のため、反射板付きの肩掛けポシェットを作製する。10日には、使用する反射たすきの贈呈式が同校であり、宇部交通安全協会(道中寿人会長)から100本を受け取った。週に1回の活動で製作にあたる。

 宇部警察署や同協会が反射たすきの普及に取り組んでいることを知った部員らが、顧問の河村雅子先生の助言を得て決めた。「たすきの一部にポシェットを縫い込めば、外出時にハンカチや財布が携行できる。肩から滑り落ちることもなく安定するので着用が増えるのでは」と河村先生。ポシェットは、反射たすき1本半を使用。使いやすさを重視し、取り出し口は大きく仕上げる。表に付ける反射板のデザインは生徒に一任する。

 贈呈式で道中会長は「命のお守りとして活用を促したい」とあいさつ。部員からは、河村先生が作った試作のポシェット3点が贈られた。藤井優美部長は「全員で協力し、心を込めて作りたい。地域の人に活用してもらい、安全に外出してほしい」と笑顔を見せた。ポシェットは今月末に宇部署内の同協会窓口で取り扱うほか、9月の同校の文化祭でも販売する予定。収益金は宇部ユネスコ協会に寄付する。

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク