全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

パラスポーツイベント「あすチャレ!運動会」

 年齢や障害の有無を問わず、誰もが楽しめるパラスポーツイベント「あすチャレ!運動会」が11日、宇部市の俵田体育館で開かれた。家族連れや一般、企業関係者ら100人が参加し、車いすリレー、ボッチャ、ゴールボールに挑戦。競技や応援を通じて障害者への理解を深め、個々が持つ多様性を学んだ。    市スポーツコミッション(長谷亮佑会長)が設立1周年を記念し、同体育館リニューアル企画として主催、市が後援。プログラムは日本財団パラリンピックサポートセンターが提供した。2010年バンクーバー冬季パラリンピックのアイスホッケーで銀メダルを獲得した上原大祐さんが特別ゲストとして来場し、競技の説明や助言を行った。    イベントは2部構成であり、午前の部には親子連れ35人が参加。4チームに分かれてスポーツを楽しんだ。視覚を遮断する特殊なゴーグルを装着し、鈴の入ったボールを投げ合うゴールボールでは、かすかな音を頼りに相手の攻撃を読み、全身を使ってゴールを守ったり、互いに声を掛け合って相手ゴールを狙うなど、魅力や難しさを体験した。    車輪が「ハの字」になった競技用車いすを使ったチーム対抗リレーには、同コミッションのスタッフらも参戦。スムーズに走らせるチームがあれば、慣れない操作に四苦八苦するチームも見られた。  

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク