全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

環境省 種の保存法施行令の改正 サキシマカナヘビを指定 国内希少野生動植物種 

沖縄県で新たに指定された種

 環境省は種の保存法施行令の改正で、八重山地域に生息するサキシマカナヘビなど全国で計63種を新たに国内希少野生動植物種に指定した。県内の野生動植物は17種が含まれる。指定種の捕獲、採取、譲渡、販売などは10日から原則禁止。違反した場合は、個人は5年以下の懲役または500万円以下の罰金、法人は1億円以下の罰金が科せられる。追加指定により、国内希少野生動植物種等は356種、そのうち沖縄県には116種が分布する。  規制種の特徴は▽洞窟に生息▽ペット目的の取引が問題の種▽里山、草原、ため池など二次的自然環境に生息(動物)・生育(植物)する種▽国民から提案を受けた種ー。  サキシマカナヘビやリュウキュウヤマガメなど既に文化財保護法(天然記念物)や市町村の条例により個体の取り扱い規制が実施されている種も含み、指定種の中には密猟や盗掘の恐れが高い種もある。  イシガキスミレなどの特定第1種国内希少野生動植物種は商業的に個体の繁殖をさせることは可能。個体等の譲渡し等を伴う事業を行う者は、あらかじめ環境大臣、農林水産大臣に届け出が必要。  「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」は、人為の影響で生息・生育状況に支障を来しているものの中から国内希少野生動植物種等を指定し、個体の取り扱い(捕獲、採取、殺傷、損傷、譲渡し、広告・陳列等の規制)、生息・生育地の保護や増殖事業など保全に必要な措置を講じている。環境省は2030年度までに700種の指定を目指す。

沖縄県で新たに指定された種

関連記事

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

荘内日報社

人気「庄農うどん」作りに熱入る

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長)の「うどん部」(正式名称・農業部食品加工班、菅原愛花部長、部員18人)は、同市藤島地域の飲食店8店舗で展開中の「庄農うどん大作戦!」に、自分たちで製麺した「庄農う...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク