全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝観光 解約6000泊 額で7000万円影響

 十勝総合振興局は7日、新型コロナウイルス関連肺炎の集団発生に伴う、管内宿泊施設の影響調査の結果を公表した。対象施設のうち、外国人観光客など1~3月のキャンセル泊数は5987泊(延べ数)で、キャンセル金額は6947万円に上る。

 1月末~6日までの期間、中国人宿泊の多い6市町(帯広、音更、上士幌、鹿追、新得、幕別)の旅館・ホテル21施設に、市町を通じて聞き取りで集計した。

 国籍は示しておらず、キャンセル要因についても不明であることから、コロナウイルス以外の要因(少雪によるスキー客減少など)もある。

 対象施設の前年同時期の宿泊延べ数は約50万8000泊で、同程度の宿泊があると考えた場合、キャンセル数の割合は1.2%程度。現時点で影響がないと答えた施設もあった半面、キャンセル延べ数が3桁に及ぶ施設も12、13カ所みられた。

 影響調査はキャンセル金額を積み上げたもので、飲食店や土産店なども含めると、影響額はさらに大きくなると考えられる。

 十勝総合振興局は今後、感染症対策の徹底に向けたホテル・旅館対象のセミナーを行うほか、地域住民の安全確保のため保健所を中心に各病院との連携を強化する。

 三井真局長は「取り組みを通じて十勝は安心して宿泊できることを伝え、巻き返しを図りたい」としている。調査は今後も必要に応じて実施する方針。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク