全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「氷瀑」冬の演出 茅野市蓼科の小斉の湯

高さ6メートルほどある氷瀑を見上げる蓼科保養学園の児童たち

茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の敷地内に、今冬も大きな氷瀑がお目見えした。近くを流れる小斉川の湧き水と標高約1260メートルの冬の寒さを利用して作られた氷の柱は、光が差し込むとライトブルーに輝き、訪れる観光客を楽しませている。

小斉の湯が15年続けている氷の演出。透明度が高い湧き水を上流から引き込み、約50メートルの落差を利用して水を噴き上げ、凍らせている。今季は昨年12月上旬から作り始めた。例年では高さ8メートルにも達するが、今年は冷え込みのゆるい日が続いたことと、積雪量が少ないことが重なり、まだ6メートルほどの大きさにとどまっている。

隣接する蓼科保養学園の生徒は「冬にしか見られないので神秘的。氷が透明でとてもきれい」と友達と見上げていた。小斉の湯の荻原高年社長(79)は「例年に比べると小ぶりだが、透明で美しく仕上がっている。県内で唯一の酸性泉かけ流しの温泉と一緒に楽しんでもらえれば」と話している。氷瀑は3月中旬まで楽しめるという。

関連記事

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク