全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「氷瀑」冬の演出 茅野市蓼科の小斉の湯

高さ6メートルほどある氷瀑を見上げる蓼科保養学園の児童たち

茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の敷地内に、今冬も大きな氷瀑がお目見えした。近くを流れる小斉川の湧き水と標高約1260メートルの冬の寒さを利用して作られた氷の柱は、光が差し込むとライトブルーに輝き、訪れる観光客を楽しませている。

小斉の湯が15年続けている氷の演出。透明度が高い湧き水を上流から引き込み、約50メートルの落差を利用して水を噴き上げ、凍らせている。今季は昨年12月上旬から作り始めた。例年では高さ8メートルにも達するが、今年は冷え込みのゆるい日が続いたことと、積雪量が少ないことが重なり、まだ6メートルほどの大きさにとどまっている。

隣接する蓼科保養学園の生徒は「冬にしか見られないので神秘的。氷が透明でとてもきれい」と友達と見上げていた。小斉の湯の荻原高年社長(79)は「例年に比べると小ぶりだが、透明で美しく仕上がっている。県内で唯一の酸性泉かけ流しの温泉と一緒に楽しんでもらえれば」と話している。氷瀑は3月中旬まで楽しめるという。

関連記事

長野日報社

ダイナミックな五つの遊び体験 「ASOBINA」24日オープン

伊那谷の自然や地形、景観を生かしたダイナミックな遊びが楽しめるエリア「ASOBINA(アソビナ)」が24日、伊那市横山にオープンする。プロパラグライダーパイロット呉本圭樹さん(41)=同市=が...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

蒲郡で潮干狩りシーズン到来

 蒲郡市の三河湾沿岸部で、行楽用の潮干狩りシーズンが到来した。穏やかな天候となった26日には昼前後から大勢の家族連れらが干潟に入り、黙々とカマなどで貝を掘り当てた。  同市内では今月中旬から三...

長野日報社

卒園ほほえむタカトオコヒガンザクラ 伊那市山寺

長野県伊那市山寺の南信森林管理署の東側に植わるタカトオコヒガンザクラのつぼみがほころび始めている。市内保育園の卒園式があった25日はピンク色の花が青空に映え、近くの竜北保育園の卒園児たちを祝福...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク