全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

大人の第一歩

新鶴岡市全域を対象として初めて行われた鶴岡市の成人式。会場は満席となった=7日、鶴岡市

 「成人の日」(8日)を前に7日、鶴岡、酒田、遊佐の3市町でそれぞれ成人式が行われた。対象者は1997(平成9)年4月2日から98(同10)年4月1日生まれ。鶴岡市では市町村合併後初の全域を対象とした式典で、グランドオープンを控えた新文化会館「荘銀タクト鶴岡」で初めての開催。比較的穏やかな天気となり、各会場は振り袖やスーツ姿の新成人たちで華やぎ、大人としての一歩を祝福した。

【鶴岡市】

 新成人は男性692人、女性672人の計1364人。新文化会館で行われた式典には男性573人、女性606人が出席。1120席の大ホールは満席となり、小ホールも使用した。

 式典を前に市消防団によるはしご乗りとまとい振りの妙技の披露、鶴岡土曜会混声合唱団による記念演奏で祝福。国歌斉唱に続き、皆川治市長が「新成人の皆さんに一つだけお願いしたいことがある。どんな形でもいいので鶴岡のために貢献してほしい。月山や庄内平野、日本海の美しさ、四季折々の郷土食の豊かさなど、生まれ育った皆さんからもっと知ってほしい。その良さを日本各地に世界に伝えてほしい」と式辞。来賓祝辞に続き、新成人を代表して菅原立貴(りゅうき)さん(20)=鶴岡市櫛引地域、会社員=のリードで市民憲章を唱和した。

 小学生の男女2人が「未来の鶴岡のために力強く羽ばたいて」とメッセージ。最後に富樫美奈さん(20)=同市三瀬、会社員=が「積極的に地域に貢献していきたい。これからも悩み、迷うことがあると思うが人と人とのつながりを大切に、感謝の気持ちを忘れず、夢や目標の実現を決意する」と誓いの言葉を述べた。

 式典終了後は出身中学ごとに記念撮影。埼玉県で大学に通う八渡萌友さん(20)=鶴岡二中出身=は「すてきな大人になりたい。教職に就くのが夢だが地元に戻ってくるかはまだ悩んでいる」、愛知県の会社に就職が決まったという短大2年の佐藤黎さん(19)=鶴岡三中出身=は「今年は社会人になるのでまずは仕事を頑張りたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク