全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「人民日報」 中国成立70周年記念特集  平田牧場グループ会長 新田嘉一氏を紹介

 国交正常化前の1972年1月に初めて訪問して以来、半世紀近くにわたって中国と友誼(ぎ)を深め続けている新田嘉一平田牧場グループ会長のこれまでの交流・実績、中国に対して思うことなどを紹介した記事が、中国共産党中央委員会機関紙「人民日報」1月8日付に写真入りで掲載された。中国成立70周年を記念した同紙特集企画の一つで、新田会長は「半世紀近い交流、そして実績を人民日報から高く評価してもらった」と話している。

 新田会長が初めて中国を訪問したのは、当時の田中角栄首相が電撃訪中し、周恩来首相と国交回復の調印を交わす8カ月前。88年には畜産技術指導のため黒龍江省に招かれた。同省政府と渡り合い92年、飼料用トウモロコシ運搬のため、同省ハルビン市からロシアとの国境地帯も抜ける松花江、アムール川、日本海を経て酒田港に至る全長2800キロにも及ぶ「東方水上シルクロード」を開設した。

 一方、同省「ハルビン国際貿易商談会」の発展に大きな貢献があったとして2009年、当時、省長を務めていた、習近平国家主席の側近中の側近とされる栗戦書氏(全国人民代表大会常務委員長=国会議長)から同省「功勲章」を受けた。昨年には中国・大連市との交流発展に貢献したとして同市が制定する特別賞「アカシア友誼賞」を受賞した。

 昨年10月、人民日報の劉軍国・東京支局長の取材を受けた新田会長は訪中の歴史、東方水上シルクロードの開設、栗氏はじめ中国の要人・友人とのエピソード、今後の日中関係などについて述べた。

 8日付紙面ではイタリア、パキスタン、韓国の人たちと共に掲載。「中国人民はさらに多くの奇跡を創造する」と題した記事では「70周年を迎え、中国の国力は大幅に向上、人民の生活も安定して富んだ生活を送っている。多くの人は素晴らしい成就に驚きを覚え、巨大な成功の秘密を探し始めている」「中国の友人は熱情的で善良であり、誠実で約束を違わない。私が大病を患った時、消息を聞き付け、飛行機でお見舞いに駆け付けてくれた」「中国に行くたびに中国の学生諸君らの勤勉な姿に心を打たれる。真面目に励み、探求心が旺盛だ。教育事業の重視こそ、中国が巨大な発展を成し遂げた重要な原因と思っている。中国共産党の指導の下、中国人民がさらに多くの奇跡を創造すると信じている」=対訳・岸高三さん(龍山交易)=など、談話形式でまとめている。

 長年にわたる中国との交流を振り返って新田会長は「中国では『水を飲む時は井戸を掘った人のことを忘れない』という教えが徹底されている。信義に篤い国。われわれも誠意を持って接しなければいけない」と話し、「人民日報からこれまでの交流・実績を評価してもらい、ありがたい限り。現在の世界情勢は中国抜きには考えられない。民族性、文化性を大切にしている国こそが中国で、全て教育のたまもの。これらは今の日本に欠けているものかもしれない」と続けた。

新田会長の記事が掲載された人民日報1月8日付。これまでの交流・実績、中国に対して思うことを談話形式でまとめている=人民日報電子版より

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク