全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク 沖縄美ら海水族館

15年にわたり飼育されてきた新種の「チュラウミカワリギンチャク」(国営沖縄記念公園・海洋博公園・沖縄美ら海水族館提供)

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し、和名は水族館の名前にちなんで「チュラウミカワリギンチャク」と名付けられた。

 イソギンチャクは2004年に石垣島沖の深海で採集されていたが、これまで種はおろか属の特定に至らず、バックヤードの一般公開していない水槽で飼育されていた。

 新種は、これまで1種類しかいないと考えられていたクローバーカワリギンチャク属の一種と判明。101年ぶりの新種発見となったほか、今回の研究で属の定義も改訂されることとなった。

 東京大、鹿児島大、千葉県立中央博物館、水族館からなる研究グループが、海外の博物館にある標本との比較や生態調査のほか、特殊な分析作業により特定した。

 チュラウミカワリギンチャクは体長約20㌢の大型のイソギンチャクで、触手は300~400本。石垣島周辺以外にも沖縄本島沖の水深300㍍の海底で見つかっている。

 水族館ではすでに一般公開が始まっており「この機会に来館を」と呼び掛けている。

 研究グループは「不明種を10年以上も飼育する技術により貴重な生体を観察することができた。今後、さらなる生態の解明を」と期待している。

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク