全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク 沖縄美ら海水族館

15年にわたり飼育されてきた新種の「チュラウミカワリギンチャク」(国営沖縄記念公園・海洋博公園・沖縄美ら海水族館提供)

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し、和名は水族館の名前にちなんで「チュラウミカワリギンチャク」と名付けられた。

 イソギンチャクは2004年に石垣島沖の深海で採集されていたが、これまで種はおろか属の特定に至らず、バックヤードの一般公開していない水槽で飼育されていた。

 新種は、これまで1種類しかいないと考えられていたクローバーカワリギンチャク属の一種と判明。101年ぶりの新種発見となったほか、今回の研究で属の定義も改訂されることとなった。

 東京大、鹿児島大、千葉県立中央博物館、水族館からなる研究グループが、海外の博物館にある標本との比較や生態調査のほか、特殊な分析作業により特定した。

 チュラウミカワリギンチャクは体長約20㌢の大型のイソギンチャクで、触手は300~400本。石垣島周辺以外にも沖縄本島沖の水深300㍍の海底で見つかっている。

 水族館ではすでに一般公開が始まっており「この機会に来館を」と呼び掛けている。

 研究グループは「不明種を10年以上も飼育する技術により貴重な生体を観察することができた。今後、さらなる生態の解明を」と期待している。

関連記事

宇部日報社

山口大学生があさひ製菓とコラボ商品

 山口大の学生があさひ製菓(柳井市)とのコラボレーション商品「スイートマカロンタルト」を開発し、17日に販売を開始した。2月16日までの1カ月間、同社が展開する県内のシュシュ3店舗で取り扱う。 ...

「甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高のあんパン 鈴木知事も絶賛

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

人間国宝2氏が至極の芸 大和、琉球、八重山の芸能競演 太鼓公演

 「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う」(同実行委員会主催)が17日夜、石垣市民会館大ホールであり、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)「組踊音楽太鼓」の比嘉聰氏、「能囃子方小鼓」の大倉源次郎...

長野日報社

平穏願い恵方に矢 諏訪市山之神社で山の神祭

 諏訪市双葉ケ丘の山之神社で17日、山の神祭が行われた。同神社の不動尊を管理する地元の南沢町、北沢区から約30人が参列。今年の恵方の西南西に向けて矢を放ち、区民の安全や区内の平穏を願った。  江...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク