全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「酒井家墓所」整備・保存へ

 旧庄内藩主酒井家の歴代藩主らが眠る鶴岡市の「酒井家墓所」の整備、保存に取り組む一般社団法人荘内酒井歴史文化振興会(酒井忠順代表理事)は10日、墓所の環境整備に向け、目標額200万円としたクラウドファンディングによる寄付の受け付けを始めた。墓所は酒井家第3代忠勝公の庄内入部から400年の節目となる2022年4月からの一般公開を目指す。

 同振興会によると、墓所は同市家中新町の大督寺南側にあり、広さ約7270平方メートル。広大な墓所には、徳川四天王の筆頭とされる初代忠次公から第17代忠明さんまで、歴代の藩主・当主とその夫人らの墓がある。江戸時代の歴代藩主の墓がそろう墓所は全国的にも珍しく、墓石の造りも含め歴史的に貴重な史料とされている。

 庄内藩ゆかりの松ケ岡開墾場や荘内神社の関係者ら有志が7月のお盆の時期や8月の荘内大祭の前などに、草刈りのために墓所内に立ち入ることはあるが、一般向けに公開はされておらず、道路に面した墓所の扉も普段は閉められたままとなっている。

 城下町鶴岡の歴史を伝える文化遺産を次代に継承し、新たなシンボルとして整備、公開しようと、今年9月に同振興会を設立した。振興会は今後、企業など法人や個人の賛助会員を募り、定期的な草刈りと清掃、墓石の保存・修復、歴代藩主の経歴や功績を紹介する看板や案内板の設置、外観整備、防犯カメラ設置などを進める計画。振興会名誉会長に墓所を所有する酒井家18代当主の酒井忠久致道博物館長が就き、第19代の忠順さんが代表理事を務める。10月に忠久さんと同振興会が墓所管理に関する賃貸借契約(無償)を結んだ。

 クラウドファンディングで募る寄付については、20年度に実施する墓所内の清掃や草刈り、樹木の剪定(せんてい)、墓石や石畳の修復に充てる。21年度以降も環境整備を継続し、22年4月の一般公開に備える。忠順さんは「城下町鶴岡の新たなシンボル、住民の誇りとなるような特別な場所を目指して広く一般に公開し、歴史・文化を次代に継承していくための保存体制を構築していきたい」と話している。

 今回の寄付は、インターネットで募るクラウドファンディングのサイト「READYFOR(レディーフォー)」で来年1月31日まで受け付ける。同振興会は10日にホームページを開設し、振興会のページから寄付や入会もできる。問い合わせは、同振興会=電0235(33)8901=へ。

歴代藩主・当主が眠る酒井家墓所。庄内藩酒井家入部400年の2022年4月の一般公開を目指し、環境整備が進められる

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク