全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

設立55年の節目祝う 西岐波みかん生産組合が式典【宇部】

記念写真に納まる式典参列者(西岐波のミカン畑で)

 西岐波みかん生産組合(上田博昭組合長、21人)の設立55周年記念式典が21日、宇部市西岐波のミカン畑で開かれ、組合員、来賓ら19人が出席し、節目を祝った。  同組合は1963年に発足。現在は21人が5・5㌶で、極早生(ごくわせ)から晩生までの計6品種を栽培している。昨年は裏年だったため収穫量は1㌧と少なめだったが、今年は表年で、昨年の3割増の収穫を見込んでいる。  出荷のピークは今月末から12月初頭で、来月から市内の学校給食に提供されるほか、スーパー、JA厚南新鮮館などで販売される。  上田組合長は「生産者の高齢化と担い手の不足が喫緊の課題。60周年までを乗り切れば世代交代も進むので、この5年しっかり頑張っていきたい」と述べた。  市農林振興課の杉山孝博課長は「昭和、平成、令和の3時代にまたがる55年の長い歴史の中で、組合員のご苦労も絶えなかったと思う。また毎年小学生にミカン栽培をテーマに食育授業もしていただき感謝している」とあいさつ。JA山口県宇部統括本部の梶山ゆかり副本部長も祝辞を述べた。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク