全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

設立55年の節目祝う 西岐波みかん生産組合が式典【宇部】

記念写真に納まる式典参列者(西岐波のミカン畑で)

 西岐波みかん生産組合(上田博昭組合長、21人)の設立55周年記念式典が21日、宇部市西岐波のミカン畑で開かれ、組合員、来賓ら19人が出席し、節目を祝った。  同組合は1963年に発足。現在は21人が5・5㌶で、極早生(ごくわせ)から晩生までの計6品種を栽培している。昨年は裏年だったため収穫量は1㌧と少なめだったが、今年は表年で、昨年の3割増の収穫を見込んでいる。  出荷のピークは今月末から12月初頭で、来月から市内の学校給食に提供されるほか、スーパー、JA厚南新鮮館などで販売される。  上田組合長は「生産者の高齢化と担い手の不足が喫緊の課題。60周年までを乗り切れば世代交代も進むので、この5年しっかり頑張っていきたい」と述べた。  市農林振興課の杉山孝博課長は「昭和、平成、令和の3時代にまたがる55年の長い歴史の中で、組合員のご苦労も絶えなかったと思う。また毎年小学生にミカン栽培をテーマに食育授業もしていただき感謝している」とあいさつ。JA山口県宇部統括本部の梶山ゆかり副本部長も祝辞を述べた。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク