全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

消防職員初任総合教育学生の卒業式

消防職員としての決意を述べる鍛冶さん(県消防学校で)

 第68期消防職員初任総合教育学生の卒業式は20日、山口市鋳銭司の県消防学校(藤井淳校長)で開かれた。活動に必要な知識や技術、体力、精神力を養成した68人が消防職員として巣立った。    卒業生と家族、消防関係者ら約200人が出席。岩国地区消防組合消防本部所属の徳田裕さん(24)が代表で卒業証書を受け取り、成績優秀者14人には賞状が授与された。    地元では、優等賞に山口市消防本部の藤田剛生さん(19)、努力賞に宇部・山陽小野田消防局の奥田諒さん(21)、繁永諒さん(23)、林祐弥さん(21)、日野豪大さん(18)、三浦秀弥さん(23)、県消防庁会会長賞に奥田さんが選ばれた。     答辞を述べた山口市出身で萩市消防本部の鍛冶純平さん(26)は、2014年の広島豪雨災害時に引っ越し業者の職員として現地に出向き、支援活動をしていた。その際に自分の無力さを感じ消防士になろうと決心したという。「訓練では、仲間への励ましや、自分が冷静になるために声が武器になると学んだ。市民に信頼されるようになりたい」と話した。    4月4日に入校し231日間の教育期間を終えた卒業生は、21日から採用された各消防本部、局で活動する。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク