全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

家運長久願い 「かぶのお歳夜」

 家運長久などを願ってカブを神仏にささげる年中行事「かぶのお歳(とし)夜」が10日、鶴岡市の温海地域などで行われた。同市越沢の農業、五十嵐春政さん(71)方では、直径20センチ、約1・5キロの立派な温海かぶとぼた餅をお供え。五十嵐さんは「今年も立派なカブを準備できて良かった」と話した。

 同市温海地域を中心に農家、商家問わず古くから伝わる風習だが、現在でも続けている家庭は越沢などの一部。用意するカブ2つとぼた餅2つはいずれも大きいほど良いとされ、「かぶ」に「株」を重ね、「家の株が大きくなるように」との願いを込めて毎年この日に行われている。「温海町史別冊温海の民俗」によると、田の神祭りの一種とみられるという。

 自家消費用で温海かぶを栽培している五十嵐さん方では今年、出来に恵まれて立派なカブが用意できた。この日夕方、みずみずしい葉と鮮やかな紫色の巨大なカブと、平たく形を整えた自家製ぼた餅を一緒にお供えして手を合わせた。

 五十嵐さんは「家族の無事などを願う大切な行事。子どもたちにも受け継いでもらいたい」。お供えしたカブは家族でいただく習わしで、「うちではみそ汁に入れて1週間かけてありがたく食べる」と笑っていた。

かぶのお歳夜で立派な温海かぶとぼた餅をお供えする五十嵐さん=10日

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク