全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

家運長久願い 「かぶのお歳夜」

 家運長久などを願ってカブを神仏にささげる年中行事「かぶのお歳(とし)夜」が10日、鶴岡市の温海地域などで行われた。同市越沢の農業、五十嵐春政さん(71)方では、直径20センチ、約1・5キロの立派な温海かぶとぼた餅をお供え。五十嵐さんは「今年も立派なカブを準備できて良かった」と話した。

 同市温海地域を中心に農家、商家問わず古くから伝わる風習だが、現在でも続けている家庭は越沢などの一部。用意するカブ2つとぼた餅2つはいずれも大きいほど良いとされ、「かぶ」に「株」を重ね、「家の株が大きくなるように」との願いを込めて毎年この日に行われている。「温海町史別冊温海の民俗」によると、田の神祭りの一種とみられるという。

 自家消費用で温海かぶを栽培している五十嵐さん方では今年、出来に恵まれて立派なカブが用意できた。この日夕方、みずみずしい葉と鮮やかな紫色の巨大なカブと、平たく形を整えた自家製ぼた餅を一緒にお供えして手を合わせた。

 五十嵐さんは「家族の無事などを願う大切な行事。子どもたちにも受け継いでもらいたい」。お供えしたカブは家族でいただく習わしで、「うちではみそ汁に入れて1週間かけてありがたく食べる」と笑っていた。

かぶのお歳夜で立派な温海かぶとぼた餅をお供えする五十嵐さん=10日

関連記事

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

長野日報社

山ぶどうワイン発売 信大農学部 オリジナル品種原料

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で11日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうワイン」の販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員ら...

しかけ絵本展

 豊橋市中央図書館1階児童室で、図書館クリスマス特別企画「開いてびっくり!しかけ絵本展」が開催中。小さな子から大人まで楽しめる、カラフルなしかけ絵本約40点を、華やかなクリスマスの飾りと共に並...

荘内日報社

酒田市琢成小 最新機器でデジタルアート体験

 酒田市の琢成小学校(上松由美子校長、児童167人)の4―6年生が10日、市総合文化センターで、郷土芸能の獅子舞などをモチーフにしたデジタルアート体験を行い、自作のお面をかぶり、スクリーン上の獅子を操るな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク