全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

日フィル、満員の観客魅了 宇部興産グループ慈善コンサート【宇部】

迫力ある演奏を披露する日本フィルハーモニー交響楽団(記念会館で)

 第12回宇部興産グループチャリティーコンサートは13日、記念会館で開かれた。約1300人のクラシックファンが、日本フィルハーモニー交響楽団の演奏を堪能した。宇部興産主催。渡辺翁記念文化協会、宇部好楽協会共催。

 今回は来年生誕250周年を迎えるベートーベンの名曲、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、交響曲第6番「田園」を演奏。指揮は第7回でもタクトを振った梅田俊明さん。ソリストに世界で活躍する気鋭のピアニスト、福間洸太朗さんを招いた。  1部の「皇帝」は、福間さんが曲紹介で「華やかで遊び心が散りばめられており、演奏するたびにポジティブなエネルギーをもらう曲。そのエネルギーを届けたい」と語った通り、情感込めたピアノ独奏で聴衆を引き込んだ。演奏が終わると大きな拍手が沸き起こり、福間さんは異例のアンコールで応え、プーランクの「ノヴェレッテ」第1楽章を披露した。  2部の「田園」は、ベートーベンの交響曲の中で標題が記された唯一の作品。各楽章の情景を重厚なサウンドで表現して楽しませた。アンコールは交響曲第5番「運命」の第1楽章を披露し、聴衆に応えた。

 演奏会後には、福間さんの限定サイン会も行われた。西岐波山村後の為末真理さん(32)は「ピアノが好きで、今回のコンサートを楽しみにしてきた。ゲネプロ(最終リハーサル)も見学できて、本番と2回も生演奏を聴けて良かった」と感動していた。  同コンサートは、音楽を通じて宇部の文化振興に寄与しようと2008年から同社が実施。入場料収入は全額、地域の音楽文化向上のために寄付している。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク