全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋駅の産業プロモブース入れ替え

 豊橋駅東西自由連絡通路の新幹線改札口前に豊橋市が設置している産業プロモーションブースの展示物が入れ替えられ、7日、披露された。

 三河港の「自動車輸出入港」をアピールするため、フォルクスワーゲングループジャパン(豊橋市)のスポーツモデル「Polo(ポロ)GTI」からフィアットクライスラーオートモービルズ(FCA)ジャパン(東京都)の車「500X」。コンパクトなSUVで、5月に発売された新型モデルは洗練されたスタイルとデザインが目を引く。

 もう一つのものづくり技術を紹介するブースは、鋼材、ホイールなどを製造しているトピー工業(東京都)から半導体・クリーン搬送機器などを製造しているシンフォニアテクノロジー(同)の豊橋製造所で作っている製品になった。ものづくりの現場で、部品をそろえて次の工程に送る整列供給の「パーツフィーダ」を展示し、ボトルキャップの整列を公開している。

 鉄類の搬送で使われる超強力電磁石「リフマグ」の3Dトリックアートも用意し、ユニークな写真が撮れる。   この日はセレモニーが現地であり、佐原光一市長や石黒功氏豊橋商工会議所副会頭らがブースの幕を引き落とした。佐原市長は「車、トリックアートと楽しさがあるプロモーションブースで、待ち合わせ場所に使ってもらえればうれしい」とあいさつした。  産業プロモーションブースは2013(平成25)4月、新幹線を下車し、豊橋、東三河などを訪れる人が最初に目する玄関口に設けられ、三河港と輸入自動車のまち、盛んなものづくりの技術をPR。毎年度、展示物の入れ替えをしている。

関連記事

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

新しいライオンの見方

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内で、市が整備していた新しいライオン展示場が30日、グランドオープンした。ライオンたちが頭上を歩いたり、放飼場(放し飼いする場所)で行動したりする姿を間近...

豊橋総合動植物公園が再開

 新型コロナウイルス対策で休園していた豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)が26日、一部施設を除いて再開した。午前9時の開門から大勢の親子連れらが訪れ、動物たちと再会を果たした。マスク越しに笑...

長野日報社

今年の豊作願い田植え 下諏訪町の万治の石仏

長野県下諏訪町の諏訪大社下社春宮近くにある「万治の石仏」脇の田んぼで25日、田植えが行われた。下諏訪観光協会職員、町の地域おこし協力隊隊員、町職員など10人が長靴を履いて水田に入り、豊かに実る...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク