全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

輝く稲穂 豊作だ 音更・下士幌小児童が「酒米」稲刈り

たわわに実った稲穂を手作業で収穫する下士幌小の児童

 地酒「十勝晴れ」の原料となる酒米「彗星(すいせい)」の収穫が26日、音更・十勝川温泉の水田で行われた。近隣の下士幌小学校(舘田真校長、児童39人)の子どもらが鎌で稲を刈り取り、収穫の喜びを味わった。

 帯広信用金庫などが取り組む「とかち酒文化再現プロジェクト」の活動。白木祐一さん(75)の水田で取り組み、今年で9シーズン目を迎えた。5月に下士幌小の児童やプロジェクト関係者らで苗を植え、2.64ヘクタールに作付けした。

 収穫は台風17号の影響を避け、20日に大半の稲を農機で刈り取った。26日は午前9時から、残りの稲を同校の5、6年生12人とプロジェクト関係者が鎌で1本ずつ収穫した。昨年に続き参加した6年生の男子児童(12)は「お米の幅が去年より大きく感じられた。自分で植えたものが大きくなったのを見られてよかった」と話した。

 今夏は6、7月に低温に見舞われたものの8月の高温に助けられ、穂数は基準値の1平方メートル当たり500本を超える540本を数えた。白木さんは「米作りには夏の暑さが欠かせない。あとはお酒の出来上がりを待つだけ」と達成感をのぞかせた。

 酒米は田中酒造(小樽)で12月から仕込み、来年2月4日に純米吟醸として発売する予定。

関連記事

長野日報社

ラベンダー摘み取り体験始まる 蓼科中央高原

 茅野市蓼科中央高原で地域活性化に取り組む女性グループ「美しの蓼科」は、国道299号沿いのカフェレストラン「蓼科花ファクトリー」近くのラベンダー畑で、摘み取り体験の受け入れを始めている。2年目...

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク