全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山陽オートの夜間開催、好評

9日に行われたミッドナイトレースの模様(山陽オートレース場で)

 山陽小野田市埴生の山陽オートでこの夏からミッドナイトオートレースが始まり、オートファンを喜ばせている。無観客で開催することにより運営コストが最小限に抑えられ、市公営競技事務所では「収益面にも期待がかかる」としている。

 ミッドナイトレースはこれまで飯塚オート(福岡県)のみが実施していた。山陽オートの場合、本場開催ではレース運営、払い戻し、警備などに400人近くのスタッフが関わるが、ミッドナイトレースは無観客で行うことで経費が大幅に抑制できるのがメリットとなる。

 飯塚オートから移動式ナイター照明灯をレンタルして2月にミッドナイトレースを試験開催。バイクに消音マフラーを装着したり、周辺地域に〝光害〟が及ぶことなどがないなど環境面の対策もクリアできたことから、新たに本格的な開催に取り組むことにした。

 約3億2000万円をかけて発光ダイオード(LED)照明灯7基をスタンドやバンク内に整備。走路面に光のむらが出て走行に支障が出ないようにLED照明の角度を微調整している。

 通常は1日12レースを行うが、ミッドナイトレースは7レースで、また的中しやすいように8車ではなく7車によるレース。車券購入は既に4割がネット購入となっているが、ミッドナイトではネット購入をメインにし若いファンの掘り起こしを図る。当日前売り券の購入は可能。

 8月23~26日の開幕シリーズでは4日間で2億6000万円余り(1日平均約6600万円)を売り上げた。9月も9~11日に開催し順調に売り上げを伸ばした。今年度は11月、1月、3月にも開催予定で計18日間レースを行う。

 桶谷一博公営競技事務所長は「まず選手が走りやすい環境整備に努めたい。1日の売り上げを7000、8000万円にまで伸ばし、来年度以降は開催日数も増やし収益アップを図りたい」と話した。

 ミッドナイトレース開催をまだ知らない人もおり、「今日の締めはラーメン? いや、オートレースでしょう」のキャッチコピーも駆使して周知を図るという。

関連記事

更別の農家 松橋さん聖火ランナーに 「子どもに夢と希望を」

 松橋農場(更別村上更別)代表の松橋泰尋さん(36)が、2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。6月14日に道内を走る。持続可能な循環型農業の実現を見据え、農業や飲食店経営に精を出す松橋さ...

第7回全国海洋教育サミット 船浦中と古見小が発表 自然の大切さやごみゼロ..

 【東京】第7回全国海洋教育サミットー気候変動と海洋リテラシーー(主催・東京大学大学院教育学研究科付属海洋教育センター、日本財団法人)が15日、東京大学本郷キャンパスで行われた。海洋教育に取り組...

長野日報社

「寒天の日」にぎわう 茅野でPRイベント

 県寒天水産加工業協同組合と茅野商工会議所は15日、「寒天の日」(16日)に合わせた寒天PRイベントを、茅野市の茅野市民館イベントスペースで開いた。生天(ところてん)の無料配布や寒天入り豚汁の...

紀伊民報社

小型電気車でらくらく温泉街観光

 和歌山県白浜町は、小型電気自動車を用いた実証実験を17日に始める。小回りが利く車両を使うことで白浜温泉街の周遊性を高め、消費の拡大につなげるのが狙い。走行データなどを収集、分析し、来年度以降の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク