全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

さくらピアサマースクール

移動プラネタリウムを楽しむ

 豊橋市障害者福祉会館「さくらピア」で27日、障害のある子どもたちを対象にした「サマースクール プラネタリウム」を開催。館内体育館に移動プラネタリウムを設営し、皆で星空を満喫したり、クラフトを楽しんだ。  同館の指定管理者である豊橋障害者(児)団体連合協議会(豊障連、山下徹会長)による恒例の事業。毎年、夏休みの登校機会が少ない子どもたちのため趣向を凝らしたイベントを行っている。プラネタリウムは毎年人気で、今年は病院や福祉機関、学校などへ星空を届けている山梨県の「星つむぎの村」による移動プラネタリウムを企画した。  台風で当初の予定日から一カ月遅れとなった開催で、車イス利用を含む子ども18人と保護者など計40人が参加。エアドームの中で美しい星空を堪能した後、星座が浮かび上がる「ポップアップアートのプラネタリウム」作りにも挑戦。市内の糟谷千夏さん(天伯小5年)、千花さん(同3年)、千吏くん(同1年)きょうだいは、母親の綾さんと共に昨年に引き続き参加。千花さんは「いろいろな星が見られて楽しかった。カードは自分の星座の双子座を作りました」と笑顔で語っていた。

関連記事

長野日報社

「竜峡小梅」もぎたて出荷 中川村片桐田島

中川村を中心とした上伊那南部特産の小梅「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えた。JA上伊那果実選果場の飯島集荷場にも連日、上伊那各地の農家から、もぎたての小梅が持ち込まれている。 JA上伊那本所...

「次会えるときには」

田原在住・視覚障害者の柳田さんがエール送る楽曲制作  新型コロナウイルス禍で、外出自粛を続ける人たちへエールを送る楽曲を田原市南神戸町の視覚障害者、柳田知可さん(34)が制作した。タイトルは...

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。 ...

紀伊民報社

イタドリの優良系統苗を販売 バイオセンター中津

 和歌山県日高川町高津尾のバイオセンター中津は6月から、郷土山菜イタドリ(別名ゴンパチ)の優良系統苗「東牟婁3」の販売を始める。1日から電話予約を受け付け、15日から苗の引き渡しを行う。栽培や植...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク