全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝統の行事。住民が力強く柴舟を担いで区内をくまなく練り歩き、地域の安全や無病息災を願った。

おさんやりは江戸時代に天竜川と逆方向に流れる水路「大堰」を介して疫病がまん延した際に、舟に見立てたみこしで清め流したのが起源とされる。江戸時代後期ごろから、地域行事として伝えられている。

柴舟は、区内を巡行した後に「お舟壊し」されるため、毎年実行委員によって制作。今年も13日に住民約30人の手によって区内の林から切り出したナラやカラマツを使い、全長約10メートル、高さ約3・5メートル、重さ約600キロの堂々とした舟に仕上げられた。

同区の堂の前広場を午後4時前に出発した柴舟は、約2時間かけて区内を巡行。同8時30分ごろから、垂直に立てたナラの木をぐるりと一回りし、粉々に打ち壊す「お舟壊し」を行い、破片は厄よけとして住民が持ち帰った。

実行委員長の窪田研一分館長は「毎年夏に行う行事が区民のまとまりを強めている。人口減少時代にあって横のつながりは大切。行事をきっかけに地域活性化につなげたい。行事を今後も大切にしていきたい」と話していた。

関連記事

豊橋・のんほいパークで善意フェス ボランティアら親睦深める

 豊橋善意銀行創立60周年記念「善意フェスティバル2024」(同善意銀行主催)が26日、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で開かれた。福祉施設利用児者、在宅障害児者、企業や一般・学生のボランテ...

長野日報社

「紫輝」広がる香りと笑顔 長野県宮田村で解禁祝うワインまつり

 長野県宮田村の特産ワイン「紫輝」の新酒の解禁に合わせた「ワインまつり」が25日、JR飯田線の宮田駅前周辺であった。県内外から約500人が来場し、村内で栽培、収穫されたヤマブドウ「ヤマソービニオ...

北羽新報社

能代公園に活気満ちる 晴天の下で「M&Dフェス」

 能代市民有志による「能代公園つつじ祭りミュージック&ダンスフェスティバル(M&Dフェス)」は25日、同公園で開幕した。爽やかな青空の下、バンド演奏やよさこい踊り、ご当地アイドルのパフォーマンス...

豊橋で東三河外食産業展開幕

 「第31回東三河外食産業展示会2024」が22日、豊橋市の「ホテルシーパレスリゾート」で開幕した。東三河外食産業振興会主催、東愛知新聞社など後援。  東三河の外食産業の振興を目的に、飲食事業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク