全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝統の行事。住民が力強く柴舟を担いで区内をくまなく練り歩き、地域の安全や無病息災を願った。

おさんやりは江戸時代に天竜川と逆方向に流れる水路「大堰」を介して疫病がまん延した際に、舟に見立てたみこしで清め流したのが起源とされる。江戸時代後期ごろから、地域行事として伝えられている。

柴舟は、区内を巡行した後に「お舟壊し」されるため、毎年実行委員によって制作。今年も13日に住民約30人の手によって区内の林から切り出したナラやカラマツを使い、全長約10メートル、高さ約3・5メートル、重さ約600キロの堂々とした舟に仕上げられた。

同区の堂の前広場を午後4時前に出発した柴舟は、約2時間かけて区内を巡行。同8時30分ごろから、垂直に立てたナラの木をぐるりと一回りし、粉々に打ち壊す「お舟壊し」を行い、破片は厄よけとして住民が持ち帰った。

実行委員長の窪田研一分館長は「毎年夏に行う行事が区民のまとまりを強めている。人口減少時代にあって横のつながりは大切。行事をきっかけに地域活性化につなげたい。行事を今後も大切にしていきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

今年の豊作願い田植え 下諏訪町の万治の石仏

長野県下諏訪町の諏訪大社下社春宮近くにある「万治の石仏」脇の田んぼで25日、田植えが行われた。下諏訪観光協会職員、町の地域おこし協力隊隊員、町職員など10人が長靴を履いて水田に入り、豊かに実る...

長野日報社

静かに咲き誇る大輪 「ぼたん寺」の遠照寺

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺でボタンの花が見頃となった。約160種ものボタンがそろい、「ぼたん寺」との名で親しまれている同寺。新型コロナウイルス感染拡大防止のために花期恒例の「ぼたん祭り」は...

感謝を込めて花を購入 母の日、島産花きギフトも

 5月の第2日曜日の10日は「母の日」。ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を防止しようと、日本花き振興協議会が5月いっぱいを「母の月」と位置づけている。入店人数の制限や店舗前での商品受け渡しなど...

長野日報社

第32回諏訪湖マラソン 中止

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第32回諏訪湖マラソン(長野県、諏訪地方6市町村、長野日報社でつくる諏訪圏健康推進協議会主催)は10月25日の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク