全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡市街地の累計降雪深 過去最高値の勢い 6年ぶり豪雪対策本部

除雪作業に追われる市民=6日午前、鶴岡市道形町

 日本海中部の低気圧の影響で、新潟県から庄内南部に連続して掛かる雪雲により、6日朝にかけて鶴岡市などで大雪となった。同市では同日、鶴岡公園の観測地点での積雪が基準値の70センチを超え、今後も積雪が予想されるなどとして6年ぶりに豪雪対策本部を設置。今シーズン中の旧市内の累計降雪深は同日現在で既に約413センチとなっており、市で統計を取り始めて以降の最高値である、約444センチ(1983年度観測)を更新する勢いで推移している。

 山形地方気象台によると、同日午前10時現在の24時間降雪量は鶴岡市櫛引地域で48センチ、庄内町狩川で43センチ、酒田市で1センチとなった。7日は、日本海上の低気圧は北東方向に抜けて西高東低の冬型の気圧配置が強まり、海上は大荒れとなるという。

 鶴岡市では、鶴岡公園で6日午前8時半までの24時間降雪量が約38センチとなり、今シーズンでは1月11日の42センチに次ぐ観測値となった。6日朝、旧市街地では市民が雪かきに追われ、通勤の車を出すのに難儀する人の姿もあった。同市道形町の江川健治さん(96)は午前6時ごろから作業。「この冬一番の雪。もしものときのために消火栓も掘り出しておかないと」と話していた。

 市危機管理課によると、市が独自に観測している鶴岡公園の観測地点の積雪が同日午前78センチとなり、市地域防災計画に定める対策本部設置基準に達した。市民生活への影響を懸念し、今後も積雪が予想されるとして、本部長を皆川治市長に、市役所本所に本部を設置するとともに各地域庁舎に現地豪雪対策本部を設置した。

 同市の除雪対策費は、当初計上した約6億300万円に、1月16日の専決処分で約8億5000万円を増額したが、既に2回目の専決処分も見込まれている。市担当者によると「市で独自に観測している35年間で、最も大雪。除雪対策費の8億円を超える補正は合併以来で過去最高額だったが、それも底を突きそうだ」という。

 豪雪対策本部は、高齢者など要援護者世帯に対する雪下ろし支援などの対策や、道路の道幅を確保する排雪作業、道路などの巡回パトロール強化などを進める他、市民からの雪下ろしなどの相談窓口として対応する。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク