全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

漁が解禁され、手作業で掘り出される巨大シジミ(大樹町内)

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。

 大樹漁協(神山久典組合長)は資源保護のため、ヤマトシジミ漁を年1回に制限。1日で3トンほどを採取する。

 午前4時から漁を開始し、約80人が泥に足を取られながら、養分を蓄えたシジミを次々と収穫した。漁に長年携わる渡辺悟さん(75)は「大きさはまずまず。味が濃いので、みそ汁や酒蒸しにして食べてほしい」と話していた。道の駅コスモール大樹などで販売する。

 同漁協・生花苗沼しじみ保存会(高橋良典会長)は2009年から小型貝の移植放流や調査を実施。2月の「全国青年・女性漁業者交流大会」で保護活動を発表し、水産庁長官賞を受賞している。

関連記事

長野日報社

待ちわびた初滑り 白樺湖ロイヤルヒルと富士見パノラマ

 諏訪地方のスキー場のトップを切って7日、白樺湖ロイヤルヒル(茅野市)と富士見パノラマリゾート(富士見町)が今季の営業をスタートさせた。この日を待ちわびた地元や県内外のスキーヤー、スノーボーダ...

正月前に伝統凧づくり 愛好会が指導、市民22人参加

 正月を前に八重山の伝統だこの作り方を学ぶ「やいまの伝統凧づくり教室」(市教育委員会いきいき学び課主催)が2日間の日程で7日、平得公民館で始まった。初日は市民22人が八重山凧愛好会(仲間清隆会長...

蒲郡出身の千賀、伊藤両プロ野球選手が教室

 蒲郡市出身のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手(26)と、中日ドラゴンズの伊藤康祐外野手(19)の2選手による少年野球教室(同市主催)が7日、同市立中央小学校で開かれた。市内のスポ...

紀伊民報社

動きやすい防寒パンツ 洋服店の独自商品

 和歌山県田辺市南新町の洋服店「ワイズカンパニーギャル」は、軽くて動きやすい防寒用ダウンパンツの販売を始めた。冬場の農作業や釣りなどで、スパッツの代わりにズボンの下に履くことを想定してデザインし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク