全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

令和の迷路は難解? 本別ヒマワリ畑

「令和」の文字が浮かび上がった迷路(ドローンで、やもとかおるさん撮影)

 本別町内で2年ぶりに開かれる観光イベント「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)のコース造りが9日、会場となる同町内のほ場(弥生町)で行われた。ヒマワリ畑の迷路を楽しむイベントで、会場の畑は約4.5ヘクタールと大スケール。20日午前10時に開幕する。

2年ぶり 20日開幕
 5月14日に種をまいたヒマワリは約1.5メートルに成長。この日はイベントに協力する三菱マヒンドラ農機がGPSを搭載したトラクターを持ち込み、あらかじめプログラミングしたコース図を誤差数センチの精度で刈り込んだ。迷路は総延長が2キロほどで、中央部分には新元号「令和」の文字が浮かび上がる。コースレイアウトはデザイン公募によって決定し、前田茂雄実行委員長は「曲線が多く、難易度は高め」という。

 「好天が続けば会期中にうまく咲いてくれるはず」と前田委員長。イベントによって町の交流人口が増えることも期待し、「十勝らしい風景に身を置いてもらう機会にしてもらいたい」としている。迷路の入場料は「十勝ポップコーン」付きで大人500円、小中学生300円。28日まで。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク