全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

墓じまいを手助け 技術生かし解体 幕別の菊地建設

 少子高齢化の進展で「墓じまい」を考える人が増える中、菊地建設工業(町札内豊町25、樋渡敦社長)は、建設業の技術を生かし、墓の解体など墓じまいを手助けする新事業を始めた。

墓石を順に取り除き、「墓じまい」をする菊地建設工業の社員

 同社は10年以上前から、専門技術を生かして墓石クリーニングや花立ての補修、墓の外構工事などを手掛けてきた。墓石クリーニングは薬品洗剤を使わず環境にも優しい。町内を中心に年間で数件の受注がある。

 墓じまいについては、4月下旬に町内に住む70代男性から同社に相談があり、今月27日に町内の墓地で初の作業が行われた。あらかじめ「魂抜き」を終えていた墓で、折笠裕太工事係長ら3人が小型クレーン車で順に墓石を取り除き、8時間をかけて更地に戻した。

 この男性以外にも同様の問い合わせがあった他、墓の維持管理に頭を悩ませている人の声を聞く中で、新事業として展開することを決めた。

 折笠係長は「(墓の維持について)悩んでいる人はいっぱいいると思う。依頼があればお力になりたい」と話している。価格は30万円~。十勝管内は見積もり無料。

 問い合わせは同社(0155・56・2108)へ。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク