全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

墓じまいを手助け 技術生かし解体 幕別の菊地建設

 少子高齢化の進展で「墓じまい」を考える人が増える中、菊地建設工業(町札内豊町25、樋渡敦社長)は、建設業の技術を生かし、墓の解体など墓じまいを手助けする新事業を始めた。

墓石を順に取り除き、「墓じまい」をする菊地建設工業の社員

 同社は10年以上前から、専門技術を生かして墓石クリーニングや花立ての補修、墓の外構工事などを手掛けてきた。墓石クリーニングは薬品洗剤を使わず環境にも優しい。町内を中心に年間で数件の受注がある。

 墓じまいについては、4月下旬に町内に住む70代男性から同社に相談があり、今月27日に町内の墓地で初の作業が行われた。あらかじめ「魂抜き」を終えていた墓で、折笠裕太工事係長ら3人が小型クレーン車で順に墓石を取り除き、8時間をかけて更地に戻した。

 この男性以外にも同様の問い合わせがあった他、墓の維持管理に頭を悩ませている人の声を聞く中で、新事業として展開することを決めた。

 折笠係長は「(墓の維持について)悩んでいる人はいっぱいいると思う。依頼があればお力になりたい」と話している。価格は30万円~。十勝管内は見積もり無料。

 問い合わせは同社(0155・56・2108)へ。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

更別の農家 松橋さん聖火ランナーに 「子どもに夢と希望を」

 松橋農場(更別村上更別)代表の松橋泰尋さん(36)が、2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。6月14日に道内を走る。持続可能な循環型農業の実現を見据え、農業や飲食店経営に精を出す松橋さ...

第7回全国海洋教育サミット 船浦中と古見小が発表 自然の大切さやごみゼロ..

 【東京】第7回全国海洋教育サミットー気候変動と海洋リテラシーー(主催・東京大学大学院教育学研究科付属海洋教育センター、日本財団法人)が15日、東京大学本郷キャンパスで行われた。海洋教育に取り組...

長野日報社

「寒天の日」にぎわう 茅野でPRイベント

 県寒天水産加工業協同組合と茅野商工会議所は15日、「寒天の日」(16日)に合わせた寒天PRイベントを、茅野市の茅野市民館イベントスペースで開いた。生天(ところてん)の無料配布や寒天入り豚汁の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク