全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

設置から25年、卵の自動販売機人気

知る人ぞ知る厚東地区の卵販売機(厚東棚井で)

 宇部市厚東棚井の県道宇部停車場線沿いに、知る人ぞ知る自動販売機がある。売っているのは飲み物ではなく、卵。民家が少ない場所にあるが、周辺にスーパーがないこともあり、設置から25年がたった今でも売れ行きは順調で、リピーターが途絶えない。設置した養鶏業者もやや〝タマげる〟ロングセラーとなっている。    コインロッカーのような造りで、21カ所のボックスそれぞれにMやLサイズの10個入りが1パックずつ。毎日午後4時に品物が入れられると、通り掛かりのトラック運転手、仕事帰りの女性たちが路肩に車を止め、昼夜問わず買っていく。    棚井で養鶏を営む岡田和夫さん(58)が、産みたてを並べる。自身が機械のメンテナンスが得意だったこともあり、販売にかける手間を減らそうと、「交通量が絶妙に多い場所」に設けた。約15年前に藤山地区の住宅地に置いたものと比べ、売れ行きは2倍という。    この自販機、買うには少々こつがいる。お金を入れた後、ボタンを長押しすると扉が開く。このとき焦って扉の取っ手を引っ張ると開かない。岡田さんは「少し年代物だから初めての方は戸惑うかも。たたいたりせずに大切に扱って。おいしい卵なのでぜひ」と話していた。

関連記事

長野日報社

「竜峡小梅」もぎたて出荷 中川村片桐田島

中川村を中心とした上伊那南部特産の小梅「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えた。JA上伊那果実選果場の飯島集荷場にも連日、上伊那各地の農家から、もぎたての小梅が持ち込まれている。 JA上伊那本所...

「次会えるときには」

田原在住・視覚障害者の柳田さんがエール送る楽曲制作  新型コロナウイルス禍で、外出自粛を続ける人たちへエールを送る楽曲を田原市南神戸町の視覚障害者、柳田知可さん(34)が制作した。タイトルは...

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。 ...

紀伊民報社

イタドリの優良系統苗を販売 バイオセンター中津

 和歌山県日高川町高津尾のバイオセンター中津は6月から、郷土山菜イタドリ(別名ゴンパチ)の優良系統苗「東牟婁3」の販売を始める。1日から電話予約を受け付け、15日から苗の引き渡しを行う。栽培や植...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク