全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三代目トリオの豚プロジェクト

 県内の養豚場で豚コレラ感染が相次ぐ中、三河地方の肉屋、養豚農家、割烹料理店の3代目トリオがタッグを組み、インターネットを駆使した養豚業界の復活プロジェクトに乗り出した。豚肉商品を返礼するクラウドファンディングで、食の安全性もPR。風評被害を克服し、豚コレラ被害を受けた県内農家への支援も計画する。  豊川市の肉店「夏目ホルモン」の夏目莞士さん(25)が旗振り役となり、豊橋市の料理店「飛騨路」の馬飼野亮太さん(24)、西尾市の養豚農家・山本雄大さん(25)が協力。山本さんが出荷する肉を夏目さんが加工し、馬飼野さんが料理に仕立てる役割分担で商品をプロデュースする。  焼肉やしゃぶしゃぶなど、支援金額に応じて10種類以上の返礼品を用意。8日から専用サイト「キャンプファイヤー」で支援を募ると、開始わずか7時間で目標金額の100万円を達成。25日時点で260万円を超えている。  1年前、SNSで養豚場の業務を発信する山本さんに夏目さんが共感し、同年齢もあって友情が生まれた。だが昨年9月、岐阜県内で家畜伝染病・豚コレラが発生し、愛知県にも拡大。山本さんは連日、豚の検査や石灰をまくなどの予防措置に追われた。「殺処分となった農家に比べれば、自分はまだいい」。そう言いながらも気落ちした友人の窮地に、夏目さんがプロジェクトを提案。取引先の馬飼野さんも加わり、全員が3代目ということで固い絆が生まれた。  プロジェクト名は「世界一透明な豚肉SUKERUTON(=透ける豚)」。豚コレラ流行による風評被害で、安全な豚肉まで消費量が下がった現状を打破しようと、生産から加工、食卓に届くまでの過程を動画や写真で公開している。夏目さんは「すべてをクリアにし、見てもらうことで消費者に安心安全を判断してもらいたい」と話す。  集まった支援金は返礼品のほか、豚肉1㌔につき100円分を被害を受けた養豚農家への支援に当てる方針。受付は7月7日までだが、その後もSNSで発信してSUKERUTONをブランド化するつもりで、夏目さんは「自分たちの手法をまねして、農家の方々が少しでも元気が出れば」と期待する。  もともとは「子どもたちの将来の夢が養豚農家になってほしい」という理由でSNS発信を始めた山本さん。「豚コレラというピンチをチャンスに変えて、業界全体を勇気付けるきっかけにしたい」と意気込む。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク