全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マスター手術者の技を学ぶ

豊橋ライブデモンストレーションコース

 厳選されたマスター手術者の手技をライブや座学を通して学べる「第9回豊橋ライブデモンストレーションコース」(代表世話人・鈴木孝彦豊橋ハートセンター院長)が20~22日、ロワジールホテル豊橋で開かれた。その中で医療機器寺子屋と題した、スタンフォード大学の教育法を取り入れたユニークな取り組みが行われた。  同ライブは、素晴らしい手術の技や、新しい技術を多くの医師に知ってもらおうと毎年開いている企画。医療機器開発などについても議論している。

スタンフォード大の教育法活用の取り組みも

 同寺子屋には、医療機器に関わる中小企業の若手社員ら31人が参加。国境なき医師団と、スタンフォード大学日本支店のような存在の「ジャパンバイオデザイン」が協力して行い、新興国で誕生した赤ちゃんの死亡を減らすための機器についてのアイデアを出した。  同大が開発した教育法は、課題に対してグループで議論をしながら解決策を模索していくという手法で、グーグルやフェイスブックなど、米国の大手企業で採用されている。社会問題に対して解決できる新商品の開発につながると評価されている。  寺子屋では5~6人でチームを組み、1日半かけて新しい医療機器のコンセプトを議論。生まれたばかりの赤ちゃんの呼吸が停止した際に、改善できるベッドなどのアイデアが出された。  コーディネーターを務めたスタンフォード大学主任研究員の池野文昭さんは「わずか1日半の時間だけでしたが、素晴らしいアイデアが次々と出された。この教育法が日本で普及して、さまざまな分野でイノベーションを生み出せる環境づくりに尽力したい」と話していた。

関連記事

長野日報社

桜の高遠城跡「御城印」 咲き方に合わせ4種類

長野県伊那市高遠町の一般社団法人・環屋は、高遠城跡「御城印」の桜柄を新たに作り、城址公園の観桜期に同所(旧中村家住宅)で販売する。▽咲き始め▽五分咲き▽満開▽散り終わり―の4種類の柄を用意。開花宣言...

春風が気持ちよさそうコイノボリ

蒲郡の拾石川  蒲郡市拾石町の拾石川に、今年もこいのぼりが登場した。川の上下流の2カ所で春風を受けてそよいでいる。  河川管理ボランティアの地元住民グループ・未来塾(石川賢治代表)が毎年こ...

無観客で新城ラリー開幕

 JAF全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」(実行委員会主催)が14日、新城市内で開幕した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止とするため、17回目の大会では初めて無観客での競技となった...

貨幣に関する歴史「時の金なり」展

 豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階の第5展示室で、ミニ企画展・歴史資料のさまざま「時の金なり」が開催されている。15日まで。  同館の収蔵品から硬貨や紙幣といった貨幣に関する約80点を展示。12世紀半...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク