全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

淡い光跡を描いて舞うゲンジボタル。後方の展望デッキからも幻想的な光景が楽しめる=13日午後8時25分、松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の「第71回信州辰野ほたる祭り」が開幕する。

同公園の専用の水路沿いでは、夕暮れ時を過ぎるとゲンジボタルの光が明滅。午後8時ごろから音もなく優美な舞いを繰り広げる。町公式の成虫発生調査によると、天竜川を挟んだ下辰野側を中心に、5月31日の初見から徐々に数が増え、今月13日には今季最多4305匹を確認した。

町産業振興課では「発生ペースは例年並みで、祭りの開幕から来週前半にかけてピークを迎えるのでは」と予想。「蒸し暑く風のない日はまとまった数の乱舞が楽しめる。ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。

祭りは15~23日、JR辰野駅前を主会場にパレードや町民踊りなど多彩なイベントを行う。同公園入場にはホタル保護育成協力金1人500円が必要(中学生以下無料)。園内ほか町内各所に有料、無料の駐車場を設ける。蛍の発生に関する問い合わせは町役場(電話0266・41・1111)へ。

関連記事

長野日報社

押し土器総選挙1位は「装飾絵画文深鉢形土器」

茅野市図書館は、県宝指定の縄文土器47点の「押しメン」ならぬ“押し土器”を決める「総選挙」の結果を発表し、同市玉川の下ノ原遺跡から出土した「装飾絵画文深鉢形土器」が11票を獲得し、1位に輝いた。同...

ランナー過去最多に 制限時間緩和効果か フードバレーマラソン 帯広

 27日に帯広市内で開かれる「2019フードバレーとかちマラソン」のエントリー数は、過去最多の5930人(前年比802人増)となった。昨年は初開催から7年目で初めて参加者が減少に転じたが、コースや...

長野日報社

緑とアートあふれる 伊那西小学校林で森の芸術祭

長野県伊那市伊那西小学校の学校林で6日、緑と芸術に親しむ小さな森の芸術祭「オトギバナシ」が開かれた。周辺で採集した葉っぱや木枝を材料にした手作りアートを林内に展示。完成したばかりの「森のステージ...

秋晴れの下4000人 2年ぶり 池田ワイン祭り

 十勝ワインを楽しむ「第46回町秋のワイン祭り」(町観光協会主催)が6日午前10時から、ワイン城横イベント広場で2年ぶりに開かれた。事前にチケットを購入した約4000人の来場客が十勝ワインと秋...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク