全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

届け!石垣~恋路ヶ浜へ 愛のココナッツメッセージ106個のやしの実を投流

計106個のやしの実を投流する購入者ら=5日午後、御神埼沖合(石垣市観光交流協会提供)

 石垣市観光交流協会の友好観光協会(大松宏昭会長)、愛知県田原市の渥美半島観光ビューロー(会長・山下政良田原市長)が伊良湖岬・恋路ヶ浜を舞台にした島崎藤村の叙情詩「椰子の実」の再現を目指す「愛のココナッツメッセージやしの実流し」が5日、石垣島近海で行われた。田原市側から山下政良市長らツアー客36人を含め約50人のやしの実購入者らが参加、計106個を流した。

 「名も知らぬ 遠き島より流れよる 椰子の実ひとつ」の一節、「遠き島」に見立てた石垣島からやしの実が恋路ヶ浜に流れ着くようにと実施されており、ことしで32回目。

 これまでに3494個を流し、145個が沖縄県内を除く国内20都県の海岸に漂着。渥美半島には2001年に1個、12年に3個がたどり着いているが、恋路ヶ浜にはまだ到達しておらず、参加者は「ことしこそは」と祈り、山下市長、大松会長ともに「恋路ヶ浜に届くように」と願った。

 やしの実が国内の海岸に流れ着いた場合、持ち主と拾い主のうち、抽選で選ばれた2組が恋路ヶ浜での対面式に招待される。

関連記事

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

一面のジャガイモ たっぷり袋詰めに JAひろお感謝祭

 JAひろお(萬亀山正信組合長)の感謝祭が14日、「Aコープサンタ村」(町紋別18)で開かれた。  会場では、町内の農家で作った取れたて野菜、広尾産黒毛和牛のカットステーキ、ゆでたてトウモロコ...

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ 音更

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク