全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

合格祝いそば振る舞う

八重農PTA主催の昼食会でそばを味わう新入生と保護者たち=28日午後、同校

 入学前に学校の雰囲気を感じてもらおうと八重山農林高校PTA(與那城博会長)は28日、4月から同校に通う新入生と保護者らを対象に校内で昼食会を開き、合格祝いそばを振る舞った。

 2010年から毎年行っている恒例行事で、ことしで8年目。オリエンテーション後に同校の雰囲気に触れ、PTA活動への理解を深めてもらうのが狙い。  PTA会員は同校産の鶏がらでだしを取り、トッピングにも同校産のネギを使用。約180食分を用意した。語らいの広場では、郷土芸能部の部員が舞踊を披露して新入生を歓迎した。

 ライフスキル科に合格した比嘉穂乃香さん(15)=石垣中出身=は「保育士になるのが夢。資格取得や体験学習に積極的に参加したい」と意欲。母親の美保さん(39)は「一人でも多く友達をつくって入学式に臨んでほしいと思い参加した。とてもいい取り組み。娘には夢に向かって頑張ってほしい」と話した。

 グリーンライフ科に合格した大浜圭人君(15)=大浜中出身=は「そばはほどよい酸味があっておいしかった。野球で1番強い八重農に入った。レギュラーを獲得して甲子園を目指したい」と意気込みを語った。  與那城会長は「親子で顔を突き合わせて外で食事をすることもなくなってくる時期。この機会に一緒にそばを食べて会話に花を咲かせてもらえたら。友達づくりの機会にもなれば」と期待した。

関連記事

釧路新聞社

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

「みんな平和の大使」 サンマリノ共和国、カデロ大使が講話 八重山商工高校

 東京五輪パラリンピックのホストタウン交流プログラムの一環として八重山商工高校は27日午前、サンマリノ共和国の駐日大使マンリオ・カデロ氏を招き交流会を行った。カデロ氏は講話で「日本の53%は女性。...

長野日報社

節分へ「福ます」準備 箕輪の無量寺

 箕輪町北小河内の無量寺(中川弘道住職)は「節分」の2月3日、厄除け護摩祈祷会や年男・年女による豆まきを同寺で行う。27日には中川住職が豆まきに使用する福ますや景品のだるまに「福」や「寿」「家...

四季折々の境内へ

豊川の為当稲荷神社「ハナモモの杜」整備  豊川市為当町の為当稲荷神社(山本行洋宮司)で、地元住民でなる「為当ふるさとの森愛護会」(太田秀雄会長)が新たな住民憩いの場「ハナモモの杜」を整備し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク