全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

合格祝いそば振る舞う

八重農PTA主催の昼食会でそばを味わう新入生と保護者たち=28日午後、同校

 入学前に学校の雰囲気を感じてもらおうと八重山農林高校PTA(與那城博会長)は28日、4月から同校に通う新入生と保護者らを対象に校内で昼食会を開き、合格祝いそばを振る舞った。

 2010年から毎年行っている恒例行事で、ことしで8年目。オリエンテーション後に同校の雰囲気に触れ、PTA活動への理解を深めてもらうのが狙い。  PTA会員は同校産の鶏がらでだしを取り、トッピングにも同校産のネギを使用。約180食分を用意した。語らいの広場では、郷土芸能部の部員が舞踊を披露して新入生を歓迎した。

 ライフスキル科に合格した比嘉穂乃香さん(15)=石垣中出身=は「保育士になるのが夢。資格取得や体験学習に積極的に参加したい」と意欲。母親の美保さん(39)は「一人でも多く友達をつくって入学式に臨んでほしいと思い参加した。とてもいい取り組み。娘には夢に向かって頑張ってほしい」と話した。

 グリーンライフ科に合格した大浜圭人君(15)=大浜中出身=は「そばはほどよい酸味があっておいしかった。野球で1番強い八重農に入った。レギュラーを獲得して甲子園を目指したい」と意気込みを語った。  與那城会長は「親子で顔を突き合わせて外で食事をすることもなくなってくる時期。この機会に一緒にそばを食べて会話に花を咲かせてもらえたら。友達づくりの機会にもなれば」と期待した。

関連記事

紀伊民報社

給食ボランティア37年 手作り弁当届け続ける

 和歌山県みなべ町内の女性有志でつくる給食ボランティアグループ(小谷眞千子代表)は1983年に発足し、手作り弁当を地域の1人暮らしの高齢者や障害者に届け続けている。メンバーは「これからも、弁当を...

荘内日報社

30年続く贈り物「ありがとう」 今年はみかんジュース届く

 鶴岡市睦町の常念寺保育園(渡邊嶺子園長、園児154人)に14日、静岡県浜松市から特産の「三ヶ日みかん」(温州みかん)のジュースが届き、園児たちを喜ばせている。  ジュースを贈ったのは天方産業(浜松市...

きょうだけ!! 特大シジミ漁 大樹・生花苗沼

 大樹町の生花苗沼(オイカマナイトー)で15日、年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は殻の大きさが5センチ以上にもなる特大シジミを、泥の中から手探りで掘り出した。  大樹漁協(神山...

宇部日報社

おしゃれな「おでかけマスク」紹介

 山口市大殿大路のアトリエ「a.p.r」(片山涼子代表)の「おでかけマスク展」が、駅通り2丁目の飲食店「hangout(ハングアウト)」で開かれている。和風柄などがおしゃれな布マスク30種類以上...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク