全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばんえい9億円超の好スタート 開幕4日間 帯広

多くの人でにぎわった競馬場

 帯広市が主催するばんえい競馬は、4月30日で今年度の開幕4日間の開催日程を終えた。馬券発売額は9億8383万1800円に上った。開幕が例年より1週間遅く、ゴールデンウイーク(GW)期間中となったため、前年度とは単純比較はできないが、開幕4日間で比べると、74.5%上回った。特に最終日の30日は3億円を超えた。天候に恵まれ、入場者数も増加に転じるなど好調なスタートを切った。

 今年度の第1回開催は27~30日(土-月曜)の4日間。昨年度と違い、GWに合わせて土曜日のスタートとなった。

 馬券発売額は開幕初日が2億6219万円(47.2%増)、2日目の28日が1億9257万円(52.9%増)、29日が2億347万円(60.7%増)、30日は3億2558万円(144.6%増)だった。特に4日目は、前日に高額配当が出たことに加え、平成最後の日で「令和という新たな時代に向けて、景気付けに買ってくれた人が多かったのでは」(市ばんえい振興室)とする。

 発売額の内訳はインターネット投票による発売が8億4776万円で、全体の86.2%を占めた。このうち、南関東4競馬場のSPAT4が3億7089万円、楽天競馬の競馬モールが2億5411万円と続いた。

 帯広競馬場は5103万円、8カ所の直営場外も5340万円と好調。入場者数は2万5417人で、前年度のGW期間中と比較しても大幅に増加した。

 市ばんえい振興室は「GWということを考慮しても好調なスタートを切れた。この勢いを維持していきたい」としている。

 今年度の開催は毎週土・日・月曜(一部除く)で、来年3月24日までの151日間。

関連記事

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

荘内日報社

スワンスケートリンク営業開始

 酒田市入船町のスケート場「スワンスケートリンク」が16日、今シーズンの営業を開始した。リンクに氷を張る機械の故障で、当初の予定より2週間遅れとなったが、待ちかねた家族連れらが繰り出し、初滑りを楽しん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク