全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「高遠 さくら路」水森かおりさん 伊那市の観光大使に

タカトオコヒガンザクラを植える水森かおりさん

長野県伊那市は23日、「ご当地ソングの女王」と呼ばれ、同市高遠町の桜を題材にした新曲「高遠 さくら路」を発売した演歌歌手の水森かおりさんに観光大使を委嘱した。高遠町を訪れた水森さんはタカトオコヒガンザクラの記念植樹を行い、白鳥孝市長から大使の委嘱状を受け取った。

観光大使は市が設けている特命大使の一つ。市出身者や市にゆかりがある人で、主に芸術文化や芸能などの分野で活躍している人に委嘱し、その発信力を生かして市の魅力をPRしてもらい、イメージアップを図る狙いだ。

「高遠 さくら路」は、桜の名所、高遠を舞台に、悲しい恋を切々とつづる。市は「毎年、紅白歌合戦に出演する人気の歌手に高遠にちなんだ曲を歌っていただけることは伊那市、高遠町のPRにつながる」(白鳥市長)として、大使の委嘱を決めた。

記念植樹は高遠城址公園南側の信州高遠美術館近くで行い、高さ2メートルほどの苗木を植え付けた。水森さんは「歌を通じたご縁に感謝し、心を込めて大切に歌っていきたい」と話すとともに、「最高の大みそかが過ごせるよう頑張りたい」と17年連続となる紅白出場への決意を示した。

また、高遠さくらホテルで開いた委嘱式では白鳥市長から大使の委嘱状や名刺を受け取り、「地元の皆さんの応援と桜吹雪に歓迎していただいた」と改めて礼を述べ、「高遠 さくら路」を披露した。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク