全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「高遠 さくら路」水森かおりさん 伊那市の観光大使に

タカトオコヒガンザクラを植える水森かおりさん

長野県伊那市は23日、「ご当地ソングの女王」と呼ばれ、同市高遠町の桜を題材にした新曲「高遠 さくら路」を発売した演歌歌手の水森かおりさんに観光大使を委嘱した。高遠町を訪れた水森さんはタカトオコヒガンザクラの記念植樹を行い、白鳥孝市長から大使の委嘱状を受け取った。

観光大使は市が設けている特命大使の一つ。市出身者や市にゆかりがある人で、主に芸術文化や芸能などの分野で活躍している人に委嘱し、その発信力を生かして市の魅力をPRしてもらい、イメージアップを図る狙いだ。

「高遠 さくら路」は、桜の名所、高遠を舞台に、悲しい恋を切々とつづる。市は「毎年、紅白歌合戦に出演する人気の歌手に高遠にちなんだ曲を歌っていただけることは伊那市、高遠町のPRにつながる」(白鳥市長)として、大使の委嘱を決めた。

記念植樹は高遠城址公園南側の信州高遠美術館近くで行い、高さ2メートルほどの苗木を植え付けた。水森さんは「歌を通じたご縁に感謝し、心を込めて大切に歌っていきたい」と話すとともに、「最高の大みそかが過ごせるよう頑張りたい」と17年連続となる紅白出場への決意を示した。

また、高遠さくらホテルで開いた委嘱式では白鳥市長から大使の委嘱状や名刺を受け取り、「地元の皆さんの応援と桜吹雪に歓迎していただいた」と改めて礼を述べ、「高遠 さくら路」を披露した。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク