全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

来年3月末で引退する竜宮丸。大感謝祭期間も多くの観光客らを乗せ運行する

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りのロイヤル桟橋で行う。「竜宮丸引退記念第一弾 『ありがとう竜宮丸』大感謝祭」と銘打ち、運航中の船内で5月6日まで、イチゴ食べ放題企画などを実施する。

同社は竜宮丸のほかに「すわん」(定員180人、99トン)を運航し、2隻体制で諏訪湖一周の遊覧船事業を行っている。竜宮丸は1976年に運航を開始。亀の船体が人気を集め、毎年1月1日には「初日の出号」としても出船し、諏訪湖の観光事業に貢献してきた。

大感謝祭では竜宮丸の船首に「1976―2020 さよなら竜宮丸」と記されたヘッドマークを付けて運航する。イチゴ食べ放題は船内のスペースが広い「すわん」で実施する。実施日は4月28、29日、5月3、4、5、6日の計6日間。1日2回開催し、午後0時30分からと、同1時30分からの2便。食べ放題となる時間は運航中の25分間。

料金は大人1400円(乗船料込み)、3歳から小学生までの子どもは950円(同)、2歳までの幼児が200円(同)。事前申し込み不要。そのほか、ロイヤル桟橋の売店でかき氷やバッタシリーズ第3弾となる「ばったおやき」の販売をするという。

同社の黒澤幹雄副部長は「大型連休に開催するので、多くの人に来てもらえれば」と話し、5月中旬には記念事業の一環で、「記念乗船券」の発売もするとしている。

問い合わせは諏訪湖観光汽船(電話0266・52・0739)へ。

関連記事

紀伊民報社

ねんりんピック開幕

 高齢者の健康と福祉の全国大会「ねんりんピック紀の国わかやま2019」(第32回全国健康福祉祭和歌山大会)が9日、開幕した。県内初開催。12日までの4日間、県内21市町でスポーツ・文化の27種目...

長野日報社

結婚式の準備着々 赤穂高商業科3年生が企画

赤穂高校(長野県駒ケ根市)商業科3年の有志14人が企画し、駒ケ根市の駒ケ根高原にある「古民家ウェディング音の葉」で12月8日に催す結婚式の準備が進んでいる。式の主役となるカップルが決まり、関係者...

結あかりで平和を願う 八重農生、手作り灯籠灯す

 八重山農林高校(山城聡校長)ライフスキル科の1~3年生約80人は7日夕、被災地の復興や世界平和を祈って手作りの灯籠をともす毎年恒例の取り組み「結あかり」を同校中庭で行い、黙とうをささげた。  ...

長野日報社

山の楽しみ方いろいろ 茅野市民館で山岳イベント

山岳トークや山道具の展示などを行う「八ケ岳マウンテンミーティング2019」は4日、茅野市の茅野市民館で開いた。山に関わる専門家によるトークや、テントや山道具などの展示、山でのおいしいお茶の入れ方...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク