全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

来年3月末で引退する竜宮丸。大感謝祭期間も多くの観光客らを乗せ運行する

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りのロイヤル桟橋で行う。「竜宮丸引退記念第一弾 『ありがとう竜宮丸』大感謝祭」と銘打ち、運航中の船内で5月6日まで、イチゴ食べ放題企画などを実施する。

同社は竜宮丸のほかに「すわん」(定員180人、99トン)を運航し、2隻体制で諏訪湖一周の遊覧船事業を行っている。竜宮丸は1976年に運航を開始。亀の船体が人気を集め、毎年1月1日には「初日の出号」としても出船し、諏訪湖の観光事業に貢献してきた。

大感謝祭では竜宮丸の船首に「1976―2020 さよなら竜宮丸」と記されたヘッドマークを付けて運航する。イチゴ食べ放題は船内のスペースが広い「すわん」で実施する。実施日は4月28、29日、5月3、4、5、6日の計6日間。1日2回開催し、午後0時30分からと、同1時30分からの2便。食べ放題となる時間は運航中の25分間。

料金は大人1400円(乗船料込み)、3歳から小学生までの子どもは950円(同)、2歳までの幼児が200円(同)。事前申し込み不要。そのほか、ロイヤル桟橋の売店でかき氷やバッタシリーズ第3弾となる「ばったおやき」の販売をするという。

同社の黒澤幹雄副部長は「大型連休に開催するので、多くの人に来てもらえれば」と話し、5月中旬には記念事業の一環で、「記念乗船券」の発売もするとしている。

問い合わせは諏訪湖観光汽船(電話0266・52・0739)へ。

関連記事

長野日報社

諏訪湖で打ち上げ目指す SUWA小型ロケット

諏訪地方6市町村や信州大学が取り組む「SUWA小型ロケットプロジェクト」は25日、開発中の5号機のエンジンの公開燃焼実験を下諏訪町の旧第八保育園に設けた実験場で行った。関係者のほか一般来場者約...

スロータウン映画祭始まる

 「とよはしまちなかスロータウン映画祭」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)の上映が25日、豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットを会場に始まった。2月23日までの週末にかけて今回も16作品が...

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

紀伊民報社

大露天風呂で熱闘 川湯温泉でかるた大会

 和歌山県田辺市本宮町川湯の大露天風呂「仙人風呂」で19日、第19回「新春!仙人風呂かるた大会」(主催=熊野本宮観光協会、仙人風呂実行委員会)があった。20チーム(1チーム4人)が参加し、湯の中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク